コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾアワビ Haliotis discus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾアワビ
Haliotis discus

軟体動物門腹足綱ミミガイ科。水産上の名称。クロアワビの寒冷地方型で,東北地方,北海道に分布する。典型的なクロアワビに比べて殻表に低い波状の皺が多いが,エゾアワビを暖い地方に移して育てるとクロアワビ型になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

エゾアワビ

 マキガイ亜綱オキナエズス亜目ミミガイ属の[Haliotis(Notohaliotis)discus hannai].アワビの一種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エゾアワビ【Nordotis(=Haliotis) discus hannai】

ミミガイ科のクロアワビの亜種で東北地方や北海道に分布する型。大きさはクロアワビ同様,殻の長さ20cm,高さ7cm,幅17cmくらいになるが,殻表の低い波状の凹凸が基本型のクロアワビよりも著しい。成長が低温のために遅いので,幼貝を採取し,暖かい南方へ移殖して養殖効率を高めることが行われ,また北海道では渡島半島の南西岸に分布しているが,これをこの種が分布していないが,餌となる褐藻類が繁茂している寒流域の内浦湾に移殖して成果をあげている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾアワビ
えぞあわび / 蝦夷鮑
[学]Haliotis (Nordotis) discus hannai

軟体動物門腹足綱ミミガイ科の巻き貝。クロアワビH. (N.) discusの東北地方から北海道にかけて産する一生態型で、水産上アワビ類のなかで最重要種である。殻は楕円(だえん)形で薄く凹凸が多い。食用として種苗生産から養殖されている。暖流域に移植すると成長がずっと早くなる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエゾアワビの言及

【アワビ(鮑)】より

…【千葉 徳爾】。。…

【アワビ(鮑)】より

…ミミガイ科の巻貝のうち大型の3種マダカアワビ(マダカともいう)Nordotis madaka(イラスト),メカイアワビ(メンガイ,メガイともいう)N.gigantea(=N.sieboldii)(イラスト),クロアワビ(オンガイ,オガイともいう)N.discus(英名Japanese abalone)(イラスト)およびエゾアワビ(クロアワビの亜種)N.d.hannaiの総称。 殻はいずれも大型で10cm以上になり,卵円形または卵楕円形で巻きは低く,最後の巻きがはなはだしく広く大きい。…

【オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)】より

…寒流域に分布し,潮間帯より水深600mに及ぶが浅いところに多い。アイヌ語でムイといい,エゾアワビと争い戦って,エゾアワビを敗走させたので,ムイ岬(恵山岬)より北にはエゾアワビが分布しないという民話がある。外套膜の表面の粗い皮をそぎ落として白い肉を食用にするが固い。…

※「エゾアワビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エゾアワビの関連キーワードバイオテクノロジーアワビ(鮑)鮑・鰒

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android