コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾヒトデ エゾヒトデ Aphelasterias japonica

3件 の用語解説(エゾヒトデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾヒトデ
エゾヒトデ
Aphelasterias japonica

棘皮動物門ヒトデ綱叉棘目アステリアス科。腕は5本,腕長約 10cmで,盤との境界が少しくびれていて切れやすい。体色は赤褐色や黄褐色で,腕に数本の横縞があるものもある。背板は網目状になっていて,とげが一様に分布している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エゾヒトデ【Aphelasterias japonica】

ヒトデ綱アステリアス科の棘皮(きよくひ)動物。北海道から富山湾,東京湾にかけて分布し,潮間帯から水深100mくらいまでの砂泥底にすむ。腕は5本あって細長く,長さ10cm内外。中央の盤との境界が少しくびれていて切れやすい。色は赤褐色のものが多く,腕に数本の横縞をもつものも見られる。背板は細かい網目状になっていて,短いとげが一様に分布している。二枚貝をおそって食べる。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾヒトデ
えぞひとで / 蝦夷海星
[学]Aphelasterias japonica

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱ヒトデ科に属する海産動物。北海道、本州北部、富山湾、および樺太(からふと)(サハリン)南部に分布する。赤褐色をした北方系のヒトデで、腕の長さは10センチメートルに達し、付け根がややくびれ、表面はざらざらしている。体色の変異があり、黄褐色のものや横縞(よこじま)をもつものもある。腕は根元から切れやすく、触れるとすぐに脱落する。浅海の砂泥上に生息し、二枚貝や底魚を食べるので、漁業上有害な動物とされる。分類上、北方型と南方型の2亜種に分けることもある。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エゾヒトデの関連キーワードタコヒトデアステリスク蜘蛛海星手蔓藻蔓ミステリアスアステリミステリアス・アイランド/神秘の島ミステリアス・アイランドニチリンヒトデ(日輪海星)ヒトデ(海星∥人手)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone