コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾヒトデ Aphelasterias japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾヒトデ
Aphelasterias japonica

棘皮動物門ヒトデ綱叉棘目アステリアス科。腕は5本,腕長約 10cmで,盤との境界が少しくびれていて切れやすい。体色赤褐色黄褐色で,腕に数本の横縞があるものもある。背板は網目状になっていて,とげが一様に分布している。北海道から富山湾東京湾にかけて分布し,海岸の潮間帯から水深 100mぐらいまでの砂泥底にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エゾヒトデ【Aphelasterias japonica】

ヒトデ綱アステリアス科の棘皮(きよくひ)動物。北海道から富山湾,東京湾にかけて分布し,潮間帯から水深100mくらいまでの砂泥底にすむ。腕は5本あって細長く,長さ10cm内外。中央の盤との境界が少しくびれていて切れやすい。色は赤褐色のものが多く,腕に数本の横縞をもつものも見られる。背板は細かい網目状になっていて,短いとげが一様に分布している。二枚貝をおそって食べる。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾヒトデ
えぞひとで / 蝦夷海星
[学]Aphelasterias japonica

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱ヒトデ科に属する海産動物。北海道、本州北部、富山湾、および樺太(からふと)(サハリン)南部に分布する。赤褐色をした北方系のヒトデで、腕の長さは10センチメートルに達し、付け根がややくびれ、表面はざらざらしている。体色の変異があり、黄褐色のものや横縞(よこじま)をもつものもある。腕は根元から切れやすく、触れるとすぐに脱落する。浅海の砂泥上に生息し、二枚貝や底魚を食べるので、漁業上有害な動物とされる。分類上、北方型と南方型の2亜種に分けることもある。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エゾヒトデの関連情報