コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エバハート エバハート Eberhart, Richard

2件 の用語解説(エバハートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エバハート
エバハート
Eberhart, Richard

[生]1904.4.5. ミネソタオースティン
[没]2005.6.9. ニューハンプシャーハノーバー
アメリカ合衆国の詩人,脚本家,教師。フルネーム Richard Ghormley Eberhart。現代的詩風にロマン主義の要素を加味した叙情詩の創作で数々の賞を受賞した。1926年ダートマス大学を卒業し,ケンブリッジ大学に留学して学士号と修士号を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エバハート
えばはーと
Richard Eberhart
(1904―2005)

アメリカの詩人。ミネソタ州オースティンに生まれる。ミネソタ大学、ダートマス大学を経て、のちイギリスのケンブリッジ大学で学ぶ。T・S・エリオット、エズラ・パウンドが主導した1910年代、20年代の詩の革新運動がやや沈静したあとの、穏健な詩風の世代を代表する詩人の一人。自然の営為に対する緻密(ちみつ)な観照が特徴で、抒情(じょじょう)詩人ともいわれるが、しばしばそこから人生や歴史への省察を引き出してくる。汎神論(はんしんろん)的宗教観もうかがわれ19世紀の超絶主義者と一脈通ずるものがあった。
 詩集に『地球の美』(1930)、『精神を読む』(1936)、『歌と観念』(1940)などをはじめ多数ある。『精神を読む』の一編「グラウンドホッグ」は、1匹の小動物の死の観察から人間の歴史の栄枯にまで思いを馳(は)せる彼の代表的小品としてとくによく引用される。後年はボリンゲン賞(1962)、ピュリッツァー賞(1966)、全米図書賞(1977)など多くの栄誉を授けられ、アメリカを代表する国民的詩人とみなされた。[沢崎順之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エバハートの関連キーワードセントポールミネアポリスミネソタ多面人格目録ねそねそねそミネソタミネラルウオーターミネソタ管弦楽団ミネソタの娘ミネソタ[州]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エバハートの関連情報