コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エバンストン エバンストン Evanston

3件 の用語解説(エバンストンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エバンストン
エバンストン
Evanston

アメリカ合衆国,イリノイ州北東部,ミシガン湖畔の都市。シカゴの北に接する。町の起源は 1853年。シカゴの実業家たちが,1851年に創設したノースウェスタン大学のため土地を購入したのが始り。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エバンストン【Evanston】

アメリカ合衆国イリノイ州北東部,シカゴ郊外の大学町。人口7万3000(1990)。ミシガン湖に面し,シカゴのすぐ北側にある。ノースウェスタン大学の所在地。市名も同大学の創設者の一人ジョンエバンズにちなんでいる。大学のほかにロータリーインターナショナルの本部や,全米キリスト教婦人禁酒同盟の本部がある。この禁酒同盟の指導者であったウィラードFrances E.Willard(1839‐98)の家は当時のまま保存されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エバンストン
えばんすとん
Evanston

アメリカ合衆国、イリノイ州北東部、ミシガン湖に臨む住宅都市。人口7万4239(2000)。シカゴの北側に隣接し、シカゴに通勤する住民が多いが、出版、ガラス、機械、食品などの工業もある。教育の中心地として知られ、ノースウェスタン大学を中心に町が発達した。その他の高等教育機関や、ロータリー・クラブなどの全国組織の本部が置かれている。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エバンストンの関連キーワードシカゴロックフォードアメリカンイリノイ合衆国ネブラスカ亜米利加シカゴマラソンイリノイ[州]ケアロ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エバンストンの関連情報