コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビゴケ Bryoxiphium norvegicum (Brid.) Mitt.

世界大百科事典 第2版の解説

エビゴケ【Bryoxiphium norvegicum (Brid.) Mitt.】

エビゴケ科の蘚類(イラスト)。北アメリカ東アジア隔離分布するが,両地域の個体群亜種で区別されている。東アジア産の亜種はシベリアからインドネシアにかけて広く分布するが,日本ではとくに火山地域に多い。陰湿な場所の岩壁に群生し,つやのある大きなマットをつくる。は長さ1~3cmで,多数のを規則正しく2列につける。葉は披針形で,中央脈が背部に偏在し,腹部は2片に分かれて茎を強く抱く。このため,葉はエビの甲殻に似ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビゴケ
えびごけ
[学]Bryoxiphium norvegicum (Brid.) Mitt. subsp. japonicum (Berg.) Love et Love

コケ植物エビゴケ科の1種。低地から高山の岩場の岩面に生え、茎は長さ1~2センチメートルで垂れ下がる。葉は、密に重なり合って2列につき、茎の先のほうの葉では、中央脈が長く伸びて芒(のぎ)のようになる。胞子体はまれ。東南アジアから日本にかけて分布し、日本では北海道から九州にみられるが、やや目に留まりにくい。ヨーロッパや北アメリカにある別の亜種は、第三紀ごろの氷河に覆われなかった地域に分布することで有名である。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エビゴケの関連キーワード胞子体井上

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android