コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフ F/f

デジタル大辞泉の解説

エフ(F/f)

英語のアルファベットの第6字。
音楽用語。
㋐〈F〉音名の一。ヘ音。
㋑〈f〉《〈イタリア〉forte》強弱標語の一つ、フォルテ記号
〈F〉《firm》鉛筆の芯(しん)の硬度(黒さ)を表す記号の一。HとHBの中間。→HB
〈F〉《floor》ビルなどの地上の階を表す略号。
〈F〉《fluorine弗素(ふっそ)元素記号

㋐〈F〉《focal》レンズの明るさや絞りの大きさを表す記号。→F値1
㋑〈f〉《focus》レンズの焦点距離を表す記号。f=55mmのように示す。
〈F〉《〈ドイツ〉Fahrenheitカ氏温度を表す記号。
〈F〉《farad電気容量の単位、ファラドの記号。
f〉《function》数学で、関数を表す記号。
10 〈F〉《female》女性を表す記号。⇔M
11filial 子としての、の意》遺伝学で、雑種の代を示す記号。雑種第一代をF1、雑種第二代をF2と示す。
12 〈f〉《femto》数の単位、フェムトの記号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エフ【F・f】

英語のアルファベットの第六字。
〔firm〕 鉛筆の芯しんの硬さを表す記号( F )。 HB と H との間。
〔創案者 Fahrenheit の頭文字から〕 華氏の温度であることを示す記号( F )。
焦点距離(focus)のレンズ口径に対する比を表す記号( F )。 → F ナンバー( ABC 略語)
フッ素(fluorine)の元素記号( F )。
電気容量の単位ファラッド(farad)を表す記号( F )。
フェムト(femto)の略号( f )。
〘生〙 〔ラテン filia〕 子孫(雑種)を示す記号。 F1 は雑種第一代、 F2 は雑種第二代。
〘音〙
への音。
フォルテ(イタリア forte)を示す記号( f )。
建物の階(floor)を示す記号( F )。
関数(function)を示す記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エフの関連キーワードオープンネットワーキングファウンデーションプライベートファイナンスイニシアチブエレクトロニックビューファインダーセールスフォースオートメーションマネーマネージメントファンドアルコールタバコ火器取締局欧州金融安定ファシリティーハイドロフルオロカーボン自己血管使用皮下動静脈瘻セールスサポートシステムマネーマーケットファンドマネーリザーブファンドデザインフォーチェンジ浮動小数点演算ユニットアセアン地域フォーラム通年エネルギー消費効率フリーソフトウエア財団電子ビューファインダー電界効果トランジスター太平洋諸島フォーラム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エフの関連情報