コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブルー Évreux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブルー
Évreux

フランス北西部,ウール県県都。ゴム,紡績薬品工業中心地。ガロ・ローマ時代から栄えた都市であるが,たびたび戦火にあい,第2次世界大戦でも 1940年にドイツ軍,44年に連合軍爆撃により大きな損害を受けた。美しいステンドグラスで有名な 12~14世紀の大聖堂も爆撃を受けたが,修復された。人口5万 1452 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エブルー
えぶるー
vreux

フランス北西部、ウール県の県都。人口5万1198(1999)。パリ西北西102キロメートルにあり、司教区があって宗教上の中心地であるとともに、商業、行政の中心地でもある。電気器具、製薬、印刷、タイヤ、金属の各工業を主とする工業化の進展が著しい。パリから近距離に位置し、道路と鉄道によって結ばれているため、パリからの工業分散がなされた。東部には空軍の基地と学校がある。12~18世紀に建造された大聖堂はステンドグラスの美しいことで有名。[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エブルーの関連キーワードオルデリック・ビターリスM.E.L. ワルラスポンパドゥール夫人デュペロンエリゼ宮殿ワルラスエリゼ宮ラバル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エブルーの関連情報