エプロンステージ(英語表記)apron-stage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エプロンステージ
apron-stage

イギリスのエリザベス朝演劇時代の劇場にみられる舞台形式。前舞台が大きく観客席の中へ突き出したもので,張出し舞台ともいう。現在は,舞台のプロセニアム・アーチより前方の部分をさす。エリザベス朝エプロンステージでは,三方を観客に取囲まれていたため,観客と舞台との間には強い親近感が存在した。額縁舞台の出現によって失われた両者の交流を求めて,張出し舞台は 20世紀になって再認識されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エプロン‐ステージ(apron stage)

劇場で、客席の中までせり出している正面舞台。張り出し舞台。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エプロンステージ【apron stage】

劇場の舞台で、客席に向かって張り出している部分。前舞台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エプロン‐ステージ

〘名〙 (apron stage) 劇場で、観客席のほうへ突き出ている、舞台の一部。エプロン。
※古川ロッパ昭和日記‐昭和一一年(1936)四月二〇日「子供が芝居最中にエプロンステージを散歩してるのには吹いちまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android