エムス電報事件(読み)エムスでんぽうじけん(英語表記)Emser Depesche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エムス電報事件
エムスでんぽうじけん
Emser Depesche

1870年7月,普仏戦争発端となったビスマルク電報改竄 (かいざん) 事件。スペイン王位継承問題に関するフランス大使との会談を伝える,エムス滞在のドイツ帝国初代皇帝ウィルヘルム1世の電報を変更して新聞に発表,反フランス的な世論を誘起した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エムス電報事件【エムスでんぽうじけん】

1870年7月エムスEmsに滞在中のプロイセン王ウィルヘルム1世をフランス大使ベネデッティが訪問,スペイン王位継承問題に関して会談したことを報じた電報を,ビスマルク故意に文章を変えて発表した事件。独仏両国民を刺激して普仏戦争を起こさせた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

エムス電報事件
エムスでんぽうじけん
Depesche von Ems

1870年に起きた,ビスマルクの電報修正事件。普仏 (ふふつ) 戦争の直接の原因となった
プロイセン王ヴィルヘルム1世とフランス大使ベネデッティとが,スペイン王位継承問題に関してエムスで会談を行った。この内容を報じたプロイセン王からの電文をビスマルクは,仏大使が王に非礼な要求をしたかのように修正して発表し,ナポレオン3世を挑発して開戦に導いた。エムスはドイツの有名な温泉場。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報