コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラノス会議 エラノスかいぎ

百科事典マイペディアの解説

エラノス会議【エラノスかいぎ】

1933年から1988年まで,スイスのアスコナで開かれた会議。英語ではEranos Conference。オルガ・フレーベ・カプテインOlga Froebe-Kapteyn〔1881-1962〕の創立になる。
→関連項目ケレーニイコルバンポルトマンマシニョン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のエラノス会議の言及

【神秘主義】より

…カイザーリングの〈知恵の学園Schule der Weisheit〉,H.フォーゲラーやリルケが集ったウォルプスウェーデWorpswedeの芸術家コロニー,ヘッセやクロポトキンらが身を寄せたモンテ・ウェリタMonte Verita(〈真理の山〉の意。この近郊のアスコナもユングなどが集ったエラノス会議の開催地として知られる)などを代表とするヨーロッパでの共同体建設,ならびにタゴールやオーロビンドSri Aurobindo(1872‐1950)をはじめとするインドでのそれ,さらにまたアメリカ各地のユートピア建設へと結びついた。トランセンデンタリズムもそうした神秘主義運動の一形態と考えられるし,日本の白樺派の主導による〈新しき村〉運動なども,上記の全世界的な動向と無縁ではない。…

【ユング】より

…彼の考えは最初あまり理解されなかったが,70年ころより世界の人々の関心をあつめるようになっている。【河合 隼雄】
【ユングとエラノス会議】
ユングの名とともに,最もよく知られているエラノス会議は,スイスとイタリアにまたがるマジョーレ湖畔のアスコナAsconaで毎年8月に開催される小さな,しかしひじょうにユニークな知識人の集りである。エラノスeranosという言葉は,同じような精神的興味をもつ人々の自発的な集りを意味する古代ギリシア語であり,参加者は古代の伝統に従って食料を持参し,プラトンの描写するソクラテスを中心とした饗宴(シュンポシオン)におけるように,円卓を囲み,まったく自由で親密な雰囲気の中で対話をかわす集りとして創始された。…

※「エラノス会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エラノス会議の関連キーワードカイザーリングショーレムエリアーデ鈴木大拙ユング

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android