コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井筒俊彦 いづつとしひこ

4件 の用語解説(井筒俊彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井筒俊彦
いづつとしひこ

[生]1914.5.4. 東京
[没]1993.1.7. 神奈川
哲学者,言語学者。多くの言語に精通し,古今東西の文献を読みこなして得た,該博な知識を研究にいかした。 1937年慶應義塾大学文学部卒業後,カナダのマックギル大学,イラン王立哲学アカデミーで学び,1941年,27歳にして名著と評価された『アラビア思想史』を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

井筒俊彦【いづつとしひこ】

イスラム学者,言語哲学者。東京生れ。慶大卒(同窓に池田弥三郎がいた)。慶大,マッギル大(カナダ),イラン王立哲学アカデミーの教授を歴任。天才的な語学力を生かした,ギリシア,ユダヤ,イスラムからインド,中国に及ぶ比較思想研究は比類ないスケールをもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井筒俊彦 いづつ-としひこ

1914-1993 昭和-平成時代のイスラム学者。
大正3年5月4日生まれ。アラビア語など中東の諸語を修得,旧約聖書からイスラム思想へと研究をすすめる。昭和29年母校慶大の言語文化研究所教授。44年カナダのマッギル大教授,50年イラン王立哲学研究所教授。57年学士院会員。「コーラン」の原典に忠実な和訳でも知られる。平成5年1月7日死去。78歳。東京出身。著作に「イスラーム思想史」「意識と本質」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井筒俊彦
いづつとしひこ
(1914―1993)

言語学者、東洋哲学者、イスラム学者。東京都生まれ。1937年(昭和12)慶応大学文学部卒業。1954年慶応大学教授となり、1969年まで務め、1981年同名誉教授となる。これまで日本ではほとんど研究されていなかったイスラム学を手がけ、イスラム思想研究の第一人者として活躍した。とくにイスラム神秘主義の研究は高い評価を受ける。著書は『イスラーム思想史』(1975)、『イスラーム哲学の原像』(1980)、『イスラーム文化』(1982)など多数ある。『コーラン』の邦訳でも知られる。日本学士院会員。平成5年1月7日没。[編集部]
『『井筒俊彦著作集』11巻・別巻1(1991~1993・中央公論社) ▽『井筒俊彦全集』12巻・別巻1(2013~ ・慶応義塾大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井筒俊彦の関連キーワード尾形喜代治北島敬介佐田勝田中清助殿内芳樹中村治朗西野入尚一水谷頴介吉岡勲渡辺稟三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井筒俊彦の関連情報