コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共食 キョウショク

4件 の用語解説(共食の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しょく【共食】

トーテムやその他の崇拝対象に供物をそなえ、それを共に食べる儀礼。崇拝対象との一体化を図り、集団の共同・連帯を確認、強化する意味がある。日本では、直会(なおらい)がその一例。
複数の人が一緒に食事を取ること。個食に対していう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうしょく【共食】

共食には神と人との共食,人と人との共食がある。神と人との共食は,神に捧げた御食(みけ)(神饌)そのもの,もしくは同じものを調製し,祭りの司祭者・氏子が神前で相嘗(あいなめ)すなわち直会(なおらい)をする。神と人とが同じ食物を味わうことによって,両者の親密を強め,生活安泰の保証を得ようとするものである。神人共食の儀礼は人間どうしの共食の風にもおよび,村運営のための寄合その他各種集会にも共同飲食がおこなわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうしょく【共食】

神に供えたものを皆で食べあうこと。同じ火で煮炊きした食物を食べあうことにより、神と人間との、また神をまつった者どうしの精神的・肉体的連帯を強めようとするもの。日本では直会なおらいがこれに相当する。
家族や友人などと一緒に食事を楽しむこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共食
きょうしょく

食事を共にすることは、集団の共同性・連帯性を表す手段である。日常的な共食は、ほとんどの社会において、一義的社会集団(多くの場合は家族)の内部で行われる。共食はまた排他的様相を帯び、食事中の他家を訪れないという礼儀がしばしばみられる。共食は、社会の別の次元においても、集団の内部結合と排他性を表す。インドカースト制度の下では、異なるカーストに属する者は共に食事をしない。他方で、非日常的な場面においても、共食は人と人とを結び付け、集団の連帯をもたらす。およそどの社会にあっても、共食は共同生活の諸行事に付随してもたれ、あるいは独立して行われる。ことに祭儀に伴う共食すなわち祭宴は、人々の交流や楽しみの場であるとともに、その社会の社会関係や世界観を表現し、社会を活性化させる重要な機会である。そこでは、人と人との共食だけでなく、神的存在と人との共食ももたれる。
 日本の多くの祭りにおいて、神饌(しんせん)・神供(しんく)を捧(ささ)げることは、それによって神々との交流を図ろうとするものであり、その後に続く直会(なおらい)(饗宴(きょうえん))は、神から与えられたものを共に食する場である。キリスト教の聖餐(せいさん)は、キリストの血と肉を象徴するぶどう酒とパンを食する。そこでは、犠牲にされたもの、すなわち神的なものを食することにより、神に同化するという考えがみられる。このような非日常的で神聖な共食は、さまざまなしるしによって日常性から一線を画される。行われる場は、特定の宗教上の建物や、祭場・宴会場を意味する標識のつけられた所である。時期は、周期的なものであるか、一定の条件の満たされた場合である。食事も普段と異なった特別な料理である。その過程も、儀礼の場合と同じく、形式性から始まって、飽食と過度の行為の許される局面へと進んでいく。そこにおいて、参加する者の間にさまざまな形の贈与の交換が行われ、日常世界と相反する無秩序の状態のなかで、人々の心理の開放と交流が行われる。[田村克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の共食の言及

【一味神水】より

…一味同心という一致団結した状態の集団(一揆)を結成する際に行われた集団誓約の儀式,作法。この儀式は,一揆に参加する人々が神社の境内に集まり,一味同心すること,またその誓約条項に違犯した場合いかなる神罰をこうむってもかまわない旨を記した起請文を作成し,全員が署名したのち,その起請文を焼いて灰にして,神に供えた水である神水に混ぜて,それを一同が回し飲みするのが正式の作法であった。そのほか口頭で誓約し,神水を飲む方法など略式のものも多くみられるが,この誓約の儀式に際し,神を呼び出すため鐘,鉦,鰐口などの金属器が打ち鳴らされた。…

【宴会】より

…こうして,人びとはポトラッチのために,これまで蓄えてきた食物や財産のほとんどを浪費する。贈物オージー共食もてなし【伊藤 幹治】
【日本】

[古代]
 六国史をはじめ平安時代の貴族の日記や儀式書には,宴会の記事が数多くみられる。しかしその多くは朝廷,貴族が催した宴会であり,地方の在地で行われた宴会,あるいは庶民が催した宴会について書き残した史料はほとんどない。…

【贈物】より

…その特徴は,贈答品に食物とくに霊魂の象徴とされる餅が多用されること,また歳暮の新巻鮭,彼岸の牡丹餅(ぼたもち),盆の素麵(そうめん),雛祭の菱餅,端午の粽(ちまき),水口祭(みなくちまつり)の焼米,八朔の初穂などその節日に応じて特定の食物が決まっていることである。要するにこれらはその節日の神供であり,これを直会(なおらい)同様に人々が相饗(あいにえ)してその霊力を分割し,また一つの火で煮炊きしたものを共食して互いの結合を強化する意義があったと解釈されている。あるいは地方によっては正月の鏡餅や端午の粽などを半分だけ自家で作ったものに取り替えて返す習慣があり,これを合火とか火を合わせるというが,逆に異なる火で作った食物を交換してより多くの霊力を得る方法であるともいえる。…

【食事】より

…人類の食事文化のうち食品加工や料理については他の項目にゆずり,ここでは主として人類の食事行動を中心に考察することにする。食品食器料理
【食事と社会】

[共食と分配]
 動物は特定の集団の成員のあいだで食物を分かちあって共に食べることはせず,個体単位に食物を摂取するのが原則である。集団で狩猟をする肉食獣が大型の獲物にむらがって食べることが観察されるが,それは一見食事を共にしているようであっても,食物を分かちあって食べているわけではない。…

【もてなし】より

… また,飲食,宿舎,衣類など,客に分け与えられるもののうち,とくに飲物と食物はもてなしにとって本質的な意義をもっている。というのも,同一物質を体内に摂取するという〈共飲共食〉の行為をとおして初めて,主人と客人の間に断ちがたい連帯のきずなが生まれると考えられるからである。イスラム化以前のアラブ社会など,一部の社会で行われたといわれる,家の女性を客人に添い寝させる〈性的歓待sexual hospitality〉の風習も,性行為を通じて客人の体液を摂取するというところに儀礼的意味があったのだろうと思われる。…

※「共食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

共食の関連キーワード人倫直会縁故軋り勝負尽く蛸の共食い天倫市場の共食い森林と人との共生林相嘗

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共食の関連情報