エリアルール(英語表記)area rule

百科事典マイペディアの解説

エリアルール

断面積法則と訳す。米国のR.ウィットコムが1952年に発見。遷音速時の飛行機の空気抵抗は,機全体を気流と直角に切った断面積の分布と同じ断面積の回転体の空気抵抗と等しくなる。この法則から,翼その他胴体から突き出ている部分を含めて胴体形状を決めるようになり,超音速機の設計は飛躍的な進歩をとげた。
→関連項目音の壁抗力

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のエリアルールの言及

【断面積の法則】より

…エリアルールともいう。飛行機が音速を超えて飛行するときに発生する造波抵抗と機体の形状,とくにその断面積の分布の関係をあきらかにした法則。…

※「エリアルール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android