コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリザベス朝演劇 エリザベスちょうえんげきElizabethan drama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリザベス朝演劇
エリザベスちょうえんげき
Elizabethan drama

1558年から 1603年までのエリザベス (1世) 女王在位中のイギリス演劇。上演形態その他から,ジェームズ1世とチャールズ1世の時代を含め,42年の清教徒による劇場閉鎖のときまでをエリザベス朝演劇とする見方もある。この時代は伝統的な聖史劇道徳劇ギリシア,ローマの古典演劇の影響と合流し,さらに J.リリーの文学に代表される華麗な文体ユーフューイズムがこれに加わって,イギリス演劇が開花した時期である。劇作家としては,T.キッド,G.ピール,R.グリーン,C.マーローシェークスピア,B.ジョンソン,J.ウェブスターら。彼らの作品は今日でも世界の各国で上演されているばかりでなく,エリザベス朝の劇場の張出し舞台 (→エプロンステージ ) にも大きな影響を与えている。ギリシア演劇に次ぐ,世界演劇史の原点の一つといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

エリザベス朝演劇

厳密にはエリザベス女王(1世)が在位していた期間(1558〜1603年)の英国演劇を指すが、一般的には清教徒革命によって劇場が全面閉鎖された1642年までを含む、80年余の英国演劇の黄金時代。世界の演劇史上でもまれな活力に満ちた時代で、なかでもシェークスピア(1564〜1616年)はエリザベス朝演劇の完成者として、歴史劇喜劇、悲劇、ロマンス劇など様々な分野に傑作を残した。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エリザベス朝演劇【エリザベスちょうえんげき】

狭義にはエリザベス1世時代の演劇をいい,広義にはさらに1642年のピューリタンによる劇場閉鎖までを含む。エリザベス1世治世の帝国の興隆期を反映した英国演劇史上の黄金時代。
→関連項目クラウン劇場シェークスピア舞台張出舞台

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

エリザベス朝演劇の関連キーワードジョンソン(Ben (Benjamin) Jonson)ウェブスター(John Webster)チャールズ・ジェスパー シッソンエリザベス[1世]カクテル・パーティフォースタス博士チェンバーズダム・ショーハーフォードイギリス文学グローブ劇場マシンジャーエピローグ玉泉八州男ヘイウッド中野 好夫ミドルトンヘンズローアトリエ座アーデン

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリザベス朝演劇の関連情報