コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルズワース山地 エルズワースさんちEllsworth Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルズワース山地
エルズワースさんち
Ellsworth Mountains

南極大陸,エルズワースランドの東縁,ほぼ西経 86°線上に並ぶ山地。アメリカ南極探検隊の航空測量で明確にされたもので,東半は最高 2600mのヘリティジ山脈,西半は南極大陸の最高峰ビンソン山(4892m)を含むセンティネル山脈である。主として古生代初期から末期にいたる褶曲した岩石によって構成されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エルズワース‐さんち【エルズワース山地】

Ellsworth Mountains》南極大陸にある山地。南極半島基部のエルズワースランドからウェッデル海の間に位置し、東西90キロメートル、南北400キロメートルに及ぶ。南極大陸の最高峰ビンソンマッシフがある。米国の探検家リンカーン=エルズワースが飛行船で横断中に発見。エルスワース山脈。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルズワース山地
えるずわーすさんち
Ellsworth Mountains

南極大陸の南緯78度45分、西経85度を中心に、北北西から南南東にかけて横たわる山群。東西90キロメートル、南北400キロメートルに及ぶ。ミネソタ氷河によって、北部のセンチネル山脈と南部のヘリティジ山脈とに分かれている。南極大陸の最高峰ビンソン・マッシフ山(5140メートル)はセンチネル山脈にある。1935年11月、アメリカのリンカーン・エルズワースが南極横断飛行中に発見した。地質学上、東南極の南極横断山脈と西南極の特徴をあわせもっており、古生代の地層から成り立っている。1958年からアメリカ隊がこの山地の調査を行って、地形図や地質図を発行しており、1979~1980年夏には大規模な調査が行われ、日本人も参加した。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エルズワース山地の関連キーワードエルズワース・ランドエルズワース山脈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android