コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトラ エレクトラ Ēlektrā

10件 の用語解説(エレクトラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレクトラ
エレクトラ
Ēlektrā

ギリシア神話上の女性の名。 (1) オケアノステテュスの間に生れた女神。虹の女神イリスらの母。 (2) アトラスプレイオネより生れた7人の娘プレイアデスの一人。ゼウスとの間にダルダノスイアシオンを得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エレクトラ
エレクトラ
Electra

プレアデス星団に属し,光度 3.69等,スペクトル型 B6の巨星。自転が速いことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エレクトラ(Ēlektrā)

ギリシャ神話で、ミケーネアガメムノンクリュタイムネストラの娘。弟オレステスを助け、父を殺した母とその情夫アイギストスに対して復讐を果たす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エレクトラ

ギリシア神話,伝説中の女性。(1)ミュケナイアガメムノンの娘。母クリュタイムネストラが情夫アイギストスと謀って凱旋(がいせん)した父を殺したので,のち弟オレステスを助けて母親と情夫を倒して父親の仇を討つ。
→関連項目エレクトラ・コンプレクス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

エレクトラ

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのドイツ語による全1幕のオペラ(1909)。原題《Elektra》。古代ギリシャの同名の悲劇に基づく。

エレクトラ

アメリカの出版社マーベルコミックが刊行する漫画「デアデビルシリーズに登場するキャラクター。女性暗殺者で敵役のひとり。また彼女を主人公とした映画作品もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エレクトラ【Ēlektra】

ギリシアの神話,伝説中の3人の女性。(1)大洋神オケアノスの娘で,にじの女神イリスと有翼の女怪ハルピュイアたちの母。(2)巨人神アトラスの娘で,オリオンに追われて星(すばる)になったプレイアデスのひとり。トロイア王家の始祖ダルダノスDardanosの母。(3)ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの娘。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,幼い弟オレステスを国外に逃し,成人してからいとこのピュラデスPyladēsとともに故国に戻った弟と力をあわせて父の仇を討った。

エレクトラ【Ēlektra】

アッティカ悲劇の現存作品中,エレクトラタイトルを有するものは二つある。一つはソフォクレスのおそらくは初期に属する作品であり,もう一つエウリピデスの前413年に上演された作品である。アガメムノンの遺児エレクトラとオレステスが,父の仇である実母クリュタイムネストラ(クリュタイメストラ)とその愛人アイギストスを殺害する,という行為をめぐって劇が組み立てられている,という点でも両者は共通する。また別に,アイスキュロス《コエフォロイ》も同一の行為をめぐって創作されており,古くから,三大悲劇詩人を相互に比較するための,かっこうの題材となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エレクトラ【Ēlektrā】

ソフォクレス・エウリピデスの同名の悲劇作品などでよく知られる、ギリシャ神話・伝説中の女性。ミュケナイ王アガメムノンの娘。トロイア戦争から凱旋がいせんした父を謀殺した母クリュタイムネストラとその情人アイギストスを、弟のオレステスと力を合わせて殺し父の敵かたきを討った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレクトラ
えれくとら
lektr

ギリシア神話の女性。ギリシア神話には、3人のエレクトラが登場する。
(1)オケアノスとテテュスとの娘。タウマスの妻となり、虹(にじ)の女神イリスと2人のハルピュイア(アエロとオキペテ)を生んだ。
(2)アトラスとプレイオネとの間に生まれたプレイアデスとよばれる7人の娘のうちの1人。ゼウスと交わってトロヤの始祖のダルダノスと、デメテルに愛されプルトス(富の神)の父となったイアシオンを生んだ。彼女はゼウスに犯されかかったとき、アテネの神像パラディオンのそばへ逃げ込んだが、ゼウスは神像をトロヤの地へ投げ落とし、あえて彼女と交わった。
(3)ミケナイ(ミケーネ)の王アガメムノンとクリタイムネストラとの娘。クリタイムネストラとその情夫アイギストスが、アガメムノンを暗殺したとき、あやうく死を免れた彼女は幼い弟オレステスをミケナイから救い出すことに成功したが、彼女自身は復讐(ふくしゅう)を恐れるアイギストスによって遠い村の農夫のもとに嫁がされ、長い間孤独で貧しい生活を送った。ある日、彼女が父の墓に詣(もう)でていると、そこへ成長した弟のオレステスが現れ、2人は姉弟であることを確認する。父の仇(あだ)を討つ決意を固めたオレステスは、いとこのピラデスとともに宮殿に向かい、自分は死亡したという偽りの情報を流す。宮殿の人々が喜び安心したすきに内部へ忍び込み、母クリタイムネストラとアイギストスとを討つ。
 復讐を果たし王位を取り戻したオレステスは、当然母親殺しの罪でエリニデスに追われる身となったが、エレクトラはアテネ女神の助力により弟が無罪となるまで、陰になり日なたになって彼を守った。オレステスがタウリスでアルテミスの生贄(いけにえ)になったという知らせをエレクトラの姉イフィゲネイアからもたらされると、アイギストスの子アレテスは、ミケナイの王位を奪った。怒ったエレクトラはデルフォイで姉のイフィゲニアに会い、彼女を盲目にしようとした。しかしそのときオレステスが現れていっさいが誤報であったことが判明し、オレステスは王位を奪ったアレテスを殺す。アテネ女神の助力で親殺しの罪から解放されたのち、オレステスは晴れてミケナイの王となり、叔父メネラオスの娘ヘルミオネを妻とした。またエレクトラは、ピラデスと結婚してメドンとストロフィオスを生んだ。
 なお以上の話はアイスキロスの『オレステイア』三部作、ソフォクレスの『エレクトラ』、およびエウリピデスの『エレクトラ』と『オレステス』において語られている。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエレクトラの言及

【プレイアデス】より

…ギリシア神話で,ティタン神アトラスとプレイオネPlēionē(オケアノス〈大洋〉の娘)の7人の娘,アルキュオネAlkyonē,メロペMeropē,ケライノKelainō,エレクトラĒlektra,アステロペAsteropē,タユゲテTaygetē,マイアMaia(伝令神ヘルメスの母)の総称。彼女たちはその母とともにボイオティア地方の森の中で,狩人のオリオンに5年にわたって追われつづけたため,これを憐れんだゼウスが母娘も追手もともに天に上らせ,オリオンを犬を連れた狩人の星に,娘たちをそのオリオン星から逃れようとする7羽の鳩(古代ギリシア語でペレイアデスpeleiades)の星(和名は昴(すばる))に化したという。…

【アトレウス家伝説】より

…10年に及ぶ遠征から凱旋したアガメムノンは,その間アイギストスと密通した妻クリュタイムネストラに謀殺された。しかしこの両者もアガメムノンの遺子オレステスとその姉エレクトラによって非業の死を遂げた。そのことで実母殺しを犯したオレステスは狂気に陥り,復讐神の追跡を受けたが,法と秩序の神アポロンの弁護のもとアテナイ法廷の裁きで無罪とされ,呪われた一族にまつわる罪と罰との長い連鎖はとざされた。…

【オレステイア三部作】より

…アトレウスの一族の血で血を洗う復讐劇に正義の観点から光を当て,その部族社会的な近親者の手による報復の掟から脱却して,市民社会にふさわしい新しい倫理と解決方法を模索する。第1部ではトロイア遠征に勝利を得て帰還したアガメムノンを,王妃クリュタイムネストラ(クリュタイメストラ)が愛人アイギストスAigisthosと共謀して暗殺する夫殺し,第2部では難を逃れて成人した王子オレステスが帰国して姉エレクトラと再会し,計略で王妃らを殺す母殺しを描く。第3部ではその罪のため復讐霊エリニュエス(エリニュス)に追われるオレステスがアテナイで女神アテナの裁きを受ける。…

【オレステス】より

…ギリシア伝説で,ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの子。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,まだ少年だったオレステスは姉エレクトラの手引きで叔父のフォキス王のもとに逃れ,いとこのピュラデスPyladēsとともに育てられる。成人後,父の仇を報ぜよとのアポロンの神託をうけた彼は,生涯の友となったピュラデスと故国に帰り,母とその情人を討った。…

【プレイアデス】より

…ギリシア神話で,ティタン神アトラスとプレイオネPlēionē(オケアノス〈大洋〉の娘)の7人の娘,アルキュオネAlkyonē,メロペMeropē,ケライノKelainō,エレクトラĒlektra,アステロペAsteropē,タユゲテTaygetē,マイアMaia(伝令神ヘルメスの母)の総称。彼女たちはその母とともにボイオティア地方の森の中で,狩人のオリオンに5年にわたって追われつづけたため,これを憐れんだゼウスが母娘も追手もともに天に上らせ,オリオンを犬を連れた狩人の星に,娘たちをそのオリオン星から逃れようとする7羽の鳩(古代ギリシア語でペレイアデスpeleiades)の星(和名は昴(すばる))に化したという。…

【エウリピデス】より

…そのうち上演年代が確定している作品は,《アルケスティス》(前438),《メデイア》(前431),《ヒッポリュトス》(前428),《トロイアの女》(前415),《ヘレネ》(前412),《オレステス》(前408)である。他の現存作品は《ヘラクレスの子ら》《アンドロマケ》《ヘカベ》《救いを求める女たち》《ヘラクレス》《イオン》《エレクトラ》《タウリケのイフィゲネイア》《フェニキアの女たち》,そして遺作《バッコスの信女》と《アウリスのイフィゲネイア》であるが,これらは皆《メデイア》以後に上演されている。つまりエウリピデスが悲劇詩人として活躍したのは前5世紀後半,主としてペロポネソス戦争(前431‐前404)の時代であった。…

【オペラ】より

…現に,最近ではM.カラスという卓越したソプラノ・ドラマティコを得て,ベリーニの《ノルマ》をはじめとする諸作品が本来の姿で舞台によみがえった事実が想起される。R.シュトラウスの《エレクトラ》は,初演時に,エレクトラに予定された女性歌手が,その役がらの困難さのために出演を放棄するというスキャンダルを生んだ。他方,イギリスの20世紀のオペラを代表するブリテンは,名テノールのP.ピアーズを主役とし,彼の助言のもとに傑作を残した。…

【オレステス】より

…ギリシア伝説で,ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの子。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,まだ少年だったオレステスは姉エレクトラの手引きで叔父のフォキス王のもとに逃れ,いとこのピュラデスPyladēsとともに育てられる。成人後,父の仇を報ぜよとのアポロンの神託をうけた彼は,生涯の友となったピュラデスと故国に帰り,母とその情人を討った。…

【ギリシア映画】より

…ギリシアの映画人として最初に国際的な評価を得たのはおそらくカコヤニスMichael Cacoyannisで,彼は初めイギリスで演劇と映画を学び,ギリシアに戻って製作を開始した。1955年にそれまで舞台女優だったメリナ・メルクーリMelina Mercouriを主役に起用して《ステラ》を作り,61年の《エレクトラ》によってカンヌ映画祭で最優秀映画技術賞を取った。主演女優はイレーネ・パパス。…

【シュトラウス】より

…また芸術院会員,ベルリン音楽大学作曲科主任教授ともなる。作曲家としては,20世紀に入ってから交響詩をやめて本格的にオペラを手がけるようになり,《サロメ》(1905),《エレクトラ》(1908),《ばらの騎士》(1910),《ナクソス島のアリアドネ》(1912),《影のない女》(1917)などを次々に発表,オペラ作曲家としての地位を不動のものとした。また《家庭交響曲》(1903)と《アルプス交響曲》(1915)とによって管弦楽曲に新境地を開いた。…

【ソフォクレス】より

… 彼の作品は全部で123編あったと伝えられているが,完全な形で現存しているのは7編の悲劇だけで,そのほかに90余の題名,サテュロス劇《追跡者》の大断片,失われた劇の多数の断片が残されている。7編の現存悲劇を年代順に記せば,《アイアス》,《アンティゴネ》(前441ころ),《トラキスの女たち》,《オイディプス王》(前429ころ‐前425ころ),《エレクトラ》,《フィロクテテス》(前409),《コロノスのオイディプス》(遺作,前401上演)となろう。ソフォクレスは自分の作風の変化について,まずアイスキュロス風の誇大な文体,次に技巧的で生硬な文体を用いた時代を経て,最後に性格描写に適した最良の文体を生み出した,と述べたことが伝承されている(プルタルコス)。…

※「エレクトラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エレクトラの関連キーワードエレクトロンボルトメディカルエレクトロニクスエレクトエレクトラコンプレックスエレクトリックエレクトロタイプエレクトロン焼夷弾カーエレクトロニクス固体エレクトロニクスエレクトラ・コンプレクス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エレクトラの関連情報