エログロナンセンス

デジタル大辞泉の解説

エログロ‐ナンセンス

扇情的で猟奇的、かつばかばかしいこと。また、そのようなもの。大正末期・昭和初期の低俗な風潮をさす語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エロ‐グロ‐ナンセンス

連語〙 (ナンセンスはnonsense) エロチック(煽情的)で、グロテスク(怪奇的)で、ナンセンスな(ばかばかしい)言動をいう、昭和五年に使われはじめた流行語。すでに使われていた「エロ、グロ」にナンセンスが付け加えられてできたもの。
※社会変革途上の新興仏教(1933)〈妹尾義郎〉四「都鄙を通じてエロ、グロ、ナンセンス等々の頽蕩性はますます流行して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android