エンダービーランド(英語表記)Enderby Land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エンダービーランド」の解説

エンダービーランド
Enderby Land

南極大陸のインド洋側,東経 49°30′~57°20′の地域。西はクイーンモードランドプリンスオラフ海岸,東はケンプ海岸に接する。 1831年イギリスの J.ビスコーが発見。内陸は厚い氷におおわれているが,沿岸部にはネイピア山脈,スコット山脈,ナイ山脈など 1000~2000m級の多くのヌナタク (孤立峰) がある。風や沿岸流の影響で海氷の発達が悪く,大陸沿岸では最も早い時期に接岸可能な場所であるが,強風の多いのが欠点。西端には旧ソ連の主要観測基地モロジョージナヤが 1962年以来設けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「エンダービーランド」の解説

エンダービー‐ランド(Enderby Land)

南極大陸東部、インド洋側に突出した陸地名称昭和基地東方、東経45度から60度にかけての地域を指す。1831年、英国捕鯨船によって発見。名称は船主エンダービー社に由来する。ロシアマラジョージナヤ基地がある。エンダビーランド。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android