コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンナ エンナ Enna

3件 の用語解説(エンナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンナ
エンナ
Enna

イタリア南西部,シチリア島にある町。シチリアエンナ県の県都。パレルモの南東約 100km,標高 930mの高原に位置し,島のほぼ中央にある。古代のエンナはギリシアの影響を強く受け,ヘレニズム文化の中心であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エンナ(Enna)

イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の都市。同島中央部、標高1000メートル近い丘の上に位置する。古代ギリシャ植民都市ヘンナに起源する。13世紀に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(シチリア王フェデリコ1世)が建造したロンバルディア城、14世紀にシチリア王フェデリコ2世の妃エレオノーラが建てた大聖堂(16世紀に再建)などがある。復活祭聖週間スペイン支配時代から続く盛大な宗教行事が行われることで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンナ
えんな
Enna

イタリア南部、シチリア自治州エンナ県の県都。人口2万9702(2001国勢調査速報値)。「シチリアのへそ」といわれるこの町は、シチリア島の中央部、標高931メートルの丘上に位置する。紀元前7~前6世紀に、ギリシア人植民地ヘンナHennaとして発足。1927年に、カストロジョバンニCastrogiovanniを改めて現在の名になる。かつて硫黄(いおう)の生産、農産物の取引が盛んに行われていたが、生産年齢層の流出が著しく、経済活動は停滞している。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンナの関連キーワードシャッカチェファルーアレトゥーザの泉オルティジア島ソルントタオルミーナバゲリーアプレトリア広場マツァーラデルバッロモンレアーレ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンナの関連情報