コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーベルハルト3世 エーベルハルトさんせいEberhard III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーベルハルト3世
エーベルハルトさんせい
Eberhard III

[生]1614.12.16. シュツットガルト
[没]1674.7.3.
ウュルテンベルク公 (在位 1628~74) 。三十年戦争の際,神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の圧力で国内の反宗教改革を強いられ,戦禍によって人口の激減など大きな被害を受けた。しかし戦後はルター主義を再建し,教育の振興にも努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エーベルハルト3世の関連キーワードキリシタン関係主要人名大坂の陣茶屋新四郎(初代)メスキータ前田利長昌徳宮高山右近ネーピア大坂の陣キリシタン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android