コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーベルハルト3世 エーベルハルトさんせいEberhard III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーベルハルト3世
エーベルハルトさんせい
Eberhard III

[生]1614.12.16. シュツットガルト
[没]1674.7.3.
ウュルテンベルク公 (在位 1628~74) 。三十年戦争の際,神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の圧力で国内の反宗教改革を強いられ,戦禍によって人口の激減など大きな被害を受けた。しかし戦後はルター主義を再建し,教育の振興にも努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エーベルハルト3世の関連キーワードキリシタン関係主要人名大坂の陣茶屋新四郎(初代)メスキータ前田利長昌徳宮高山右近ネーピア大坂の陣キリシタン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android