コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイラーの定理(セルパターン) Euler's theorem

法則の辞典の解説

オイラーの定理【Euler's theorem】

セルパターンのもつ一般的な性質の一つに挙げられる定理.面の数(F),頂点の数(V),稜の数(E)およびセルの数(C)の間には次のような関係がある.二次元の場合には,オイラー‐ポアンカレの式*と同じく

FVE=χ

で,χ は面の大局的な性質を表現する数で,球面なら2,平面なら1,トーラスならば0となる.

三次元のセルパターンの場合には

FVEC=χ

となる.セルの数が多い場合には χ=0と近似して差し支えない.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

オイラーの定理(セルパターン)の関連キーワードプレートテクトニクス限界生産力説コーシー正多面体多面体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android