コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカサモチ Pleurospermum austriacum (L.) Hoffm.ssp.uralense (Hoffm.) Somm.

2件 の用語解説(オオカサモチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオカサモチ【Pleurospermum austriacum (L.) Hoffm.ssp.uralense (Hoffm.) Somm.】

山地や北方の草原に生えるセリ科の多年草イラスト)。茎は直立して高さ1m内外に達し,基部から先まで隔壁がなく中空である。下部の葉は長い葉柄があり,2~3回羽状複葉。上部の葉はだんだん小型になって葉柄も短くなる。脈上や葉の縁には毛状の細突起がある。花は7~8月ごろ,茎の先端や小枝の先に多数の複散形花序を作り,花序の基部には総苞片がある。花弁は5枚で白色,小さく,先は内に巻いている。果実は長さ6~7mm,卵形で横断面はほぼ球形,分果の背面に肋(ろく)が隆起し,小突起がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカサモチ
おおかさもち
[学]Pleurospermum camtschaticum Hoffm.

セリ科の大形の多年草。茎は高さ2メートルに達し、中空で隔壁がない。葉は大形で質が薄く2回3出羽状複葉、小葉は細く切れ込む。花は7~8月、半球状の複散形花序につき、白色。果実は卵形で狭い翼がある。山地の草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、朝鮮、中国、シベリアなどに分布する。オオカサモチ属はユーラシア大陸に15種が分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオカサモチの関連キーワード唐松草田村草唐飛廉芒蘭山芹和田草東菊菊薊塩竈菊壺草

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone