コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバンヒザラガイ Cryptochiton stelleri; giant Pacific chiton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオバンヒザラガイ
Cryptochiton stelleri; giant Pacific chiton

軟体動物門多板綱ケハダヒザラガイ科。体長 20cm,体幅 10cmであるが,老成すると体長 30cmに及び,ヒザラガイ類中の世界最大種。体は小判形で背面が多少ふくらむ。表面全体が肉帯でおおわれ,多くの小さな乳頭があり,紫褐色や灰白色などの斑点が散在する。足は平らで大きく,体幅の半分を占める。鰓は外套腔に約 75対ある。殻は白色,蝶形で8個並ぶが,肉帯の中に完全に埋まっている。寒流系の貝で,北海道以北,ベーリング海よりアメリカ,カリフォルニアに及んで分布し,潮間帯より水深 40mの岩礁にすむ。肉は食用。アイヌ名でムイともいう。これは昔,アワビとムイとが争ってアワビが負けて逃げ,津軽海峡の北海道側武井ノ島 (むいのしま) より北にはアワビがすまずにムイがいるという分布状態を説明する民話による。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバンヒザラガイ
おおばんひざらがい / 大判石鼈貝
giant Pacific chiton
[学]Cryptochiton stelleri

軟体動物門多板綱オオバンヒザラガイ科のヒザラガイ。北海道東部以北、アラスカを経てカリフォルニア沿岸まで分布する。大形種で、体長30センチメートル、体幅15センチメートルにも達する。アイヌ語ではムイとよばれる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオバンヒザラガイの関連キーワードオオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)大判膝皿貝大判火皿貝大判石鼈貝大判石鼈多板類

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android