コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキソ法 オキソほうoxo process

3件 の用語解説(オキソ法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキソ法
オキソほう
oxo process

オキソ合成 oxo synthesis,ヒドロホルミル化 hydroformylationともいう。オレフィン一酸化炭素と水素を触媒の存在下に反応させて,もとのオレフィンよりも炭素数が1個多い飽和アルデヒドを合成する方法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オキソほう【オキソ法 oxo process】

オレフィンに一酸化炭素と水素を作用させてアルデヒドを合成する反応をいう。オレフィンのヒドロホルミル化hydroformylationとも呼ばれる。 RCH=CH2+CO+H2  ―→RCH2CH2CHOこの反応の原理は1938年にドイツのレーレンOtto Roelenによって発見され,45年に最初の工業装置が建設されたが,いまでも重要な有機合成工業プロセスである。その応用例はプロピレンからの2‐エチルヘキサノールの合成である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

オキソ法の関連キーワードカルボニル新たなシンセシス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone