コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゾン分解 オゾンぶんかいozonolysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オゾン分解
オゾンぶんかい
ozonolysis

不飽和結合をもつ有機化合物にオゾンを作用させるとオゾニドを生成する。これを水の存在下で分解すると,もとの不飽和結合の部分が切断されて,アルデヒドケトンカルボン酸などが生成する。このような反応をオゾン分解という。炭素-炭素三重結合も容易にオゾン分解されてカルボン酸を生成する。複雑な構造の天然有機化合物の構造決定などに広く利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オゾン分解
おぞんぶんかい
ozonolysis

アルケンにヘキサンなどの不活性溶媒中、室温あるいは低温でオゾンを作用させると、複雑な過程を経てオゾニドとよぶ化合物が生成する。オゾニドは安定ではなく、これに酢酸中で亜鉛末を作用させると分解してカルボニル化合物が得られる。このように、アルケンにオゾンを作用させ、生成するオゾニドを処理すると、アルケンの二重結合を酸化的に開裂させたカルボニル化合物を得ることができる。この過程をオゾン分解という()。
 このようにオゾン分解は、不飽和結合をもつ大きい分子を小さい成分に分解するのに利用されてきた。とくに、構造の未知のアルケンを、このように小さい成分のカルボニル化合物として確認することにより、もとのアルケンの構造を決めるのに利用された。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオゾン分解の言及

【オゾン化物】より

この化合物は一般に粘稠な液体で爆発性がある。水と反応すると分解しアルデヒドやケトンを生ずる(オゾン分解)。三重結合をもつ化合物では次に示すような結合をもつオゾニドが生成すると考えられている。…

※「オゾン分解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オゾン分解の関連キーワードシクロアルケンオゾン化物成層圏開環

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android