オックスフォード(読み)おっくすふぉーど(英語表記)Oxford

翻訳|oxford

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オックスフォード(イギリス)
おっくすふぉーど
Oxford

イギリス、イングランド南部、オックスフォードシャー県の県都、大学都市。人口13万4248(2001)。ロンドンの西北西約90キロメートルに位置し、テムズ川に臨む。35に及ぶカレッジが市の中心部にあり、それらとともに、市役所、オックスフォード博物館、近代美術館、シェルドニアン劇場、イギリス最古の公立美術館アシュモリアン美術館、ボドリアン図書館、大学博物館、市場、県庁、12世紀創立のクライスト・チャーチの礼拝堂などが市中に配されている。その回りを、ユニバーシティ公園、ディア公園、クライスト・チャーチ牧場などの緑地が囲んでいる。もっとも古いカレッジは、ユニバーシティ・カレッジ(1249)、ベーリオル・カレッジ(1263)、マートン・カレッジ(1264)など、13世紀の創立である。カレッジの建物は、ホールや教会堂、中庭などに特徴があり、これらを訪れる観光客も多い。市街地の南東に1913年ウィリアム・モリスが創設した自動車工場があり、郊外には鉄鋼、電気製品などの工業も発展している。
 912年、最初に記録に現れ、「雄牛oxの渡河点ford」を意味したとされる。辺境の要塞(ようさい)で商取引地であったが、10~11世紀にはデーン人の侵入を受けた。13世紀にはしばしば議会開催の地となり、また町と大学との間に紛争も起きた。ピューリタン革命のころは王党派の拠点となり、議会派の攻撃により被害を受けた。1605年自治都市の勅許状を受け、1889年に特別市となった。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オックスフォードの関連情報