コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットー[3世] Otto III

世界大百科事典 第2版の解説

オットー[3世]【Otto III】

980‐1002
ザクセン朝第4代のドイツ国王。在位983‐1002年。神聖ローマ皇帝。在位996‐1002年。父オットー2世の死により幼少にして即位,母后テオファノが摂政となった。994年より親政を始めたが,ビザンティン出身の母后から古典的教育を受けたため,ローマ帝国の復興を夢み,ドイツ国内よりはイタリア支配(イタリア政策)に力を注いだ。短い治世期間中に3回もイタリア遠征を行い,イタリアの要地にドイツ人司教を任命して,直轄支配地域を築こうと努めたが,夭折したため完成をみなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオットー[3世]の言及

【キリスト教】より

…最初ゲルマン人に伝えられたのはアリウス派の信仰だったので,これは3,4世紀の教義論争を経て確立された正統信仰によって駆逐されねばならなかったし,さらに教皇権と王権,サクラメントと統治を一体化して普遍主義を確保する必要があった。先にメロビング朝ピピンが塗油をうけ(752),カール大帝のあとしばらくしてオットー1世が冠をうけた(962)ことは,彼らに教会の保護者たる地位を法的に与えたことにほかならない。ここに中世カトリック教会独自の形態があり,これはハルナックによって〈キリスト教のゲルマン化〉と呼ばれ,ヘレニズム化につづく教会史の第2の大きな事件である。…

【ザクセン朝】より

…919‐1024年。オットー1世(在位936‐973),オットー2世(在位973‐983),オットー3世(在位983‐1002)と直系相続で続き,次いでハインリヒ1世の曾孫ハインリヒ2世(在位1002‐24)が継ぎ,その死後ザリエル朝に替わった。 王家の祖先は東部ザクセンの豪族リウドルフLiudolf(866没)で,正しくはリウドルフィング家Liudolfingerと呼ばれる。…

【神聖ローマ帝国】より

… カール大帝の直後にはじまったカロリング朝の解体と,ノルマン,マジャール,イスラム教徒による侵入のなかで事実上の機能停止に陥っていた皇帝権は,10世紀後半以降,ザクセン朝ザリエル朝のドイツ諸王のもとに再び有力な担い手を見いだした。962年にローマ教皇から皇帝の冠を受けたオットー1世は,公式には後期フランク時代以来の官房用語の伝統にならって〈尊厳なる皇帝imperator augustus〉とのみ称したが,オットー3世は996年の戴冠直後に〈尊厳なるローマ人の皇帝Romanorum imperator augustus〉なる称号を採用した。これは決して偶然のことではなく,地中海的ローマ帝国の建設をさえ夢みたこの皇帝の熱烈なローマ理念は,皇帝印璽に刻まれた〈ローマ帝国の復興renovatio Romani imperii〉の標語にもはっきり表明されている。…

※「オットー[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オットー[3世]の関連キーワードオットー3世ザクセン朝ハインリヒ2世(聖王)ボレスラフ3世(赤公)オットー(3世)宋の時代(年表)学校の授業時数授業時間ウラジーミル[大公]レ・ホアン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android