コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトコヨモギ オトコヨモギ Artemisia japonica

3件 の用語解説(オトコヨモギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトコヨモギ
オトコヨモギ
Artemisia japonica

キク科多年草。日本全土,アジア東部から南東部,アフガニスタンに分布し,日当りのよい平地,山地に生える。全草ほとんど無毛。茎は高さ 50~100cm,上方で分枝する。葉は互生し濃緑色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オトコヨモギ
おとこよもぎ / 牡蒿
[学]Artemisia japonica Thunb.

キク科の多年草。全草に毛がなく、茎は高さ0.4~1.4メートル。上方で多少枝が出る。葉はくさび形で、先が広まり、いくつかの浅い鋸歯(きょし)がある。上部にある葉は小形の線形で鋸歯がない。根元にへら形のロゼット状の葉があるが、この葉と茎下部の葉は開花時には普通は枯れている。8~11月、茎上部に円錐(えんすい)花序をつくり、多数の頭花をつける。頭花は卵状球形または長楕円(ちょうだえん)状球形で、長さ2ミリメートル、幅1.5ミリメートルと小さい。頭花の縁(へり)に雌性の小花があり、中に両性の小花がある。両性の小花は不稔(ふねん)。痩果(そうか)は長楕円形で長さ0.8ミリメートル、無毛。日本全土の日当りのよい山地に生育し、東アジアに広く分布する。名は、種子が小さいので、種子をつくらない雄と思い、牡(おす)の蒿(よもぎ)とつけたという。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオトコヨモギの言及

【ヨモギ(艾∥蓬)】より

…本州~琉球,朝鮮,フィリピン,中国,ネパールに分布する。オトコヨモギA.japonica Thunb.(イラスト)は草原や川の堤によくみられる多年草で,東アジアに広く分布する。カワラヨモギとともに,頭花中央部の筒状花は不稔である。…

※「オトコヨモギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オトコヨモギの関連キーワードオタカラコウトボシガラニワホコリキクノビルアゼムシロカサスゲギシギシネコノシタホタルイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone