コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガネズミ Chinese birch mouse

2件 の用語解説(オナガネズミの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オナガネズミ【Chinese birch mouse】

マウスより小さく,尾が著しく長い齧歯(げつし)目トビハツカネズミ科(オナガネズミ科)の哺乳類。カンスーオナガネズミともいう。サハリン,ウスリー,中国の甘粛(かんしゆく),四川,天山,カシミールカフカスに分布。体長6.3cm,尾長11.5cm前後。体の背面は一様な淡褐色,腹面はわずかに褐色を帯びた淡灰色。尾が体長の1.8倍と異常に長いのでこの名がある。この属にはほかに4種があり,ヨーロッパ北東部とアジア中・北部に分布するが,尾は本種ほど長くなく,体長の1.5倍以下である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガネズミ
おながねずみ
long-tailed birch mouse
[学]Sicista caudata

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目オナガネズミ科の動物。樺太(からふと)(サハリン)、沿海州ウスリー地方および中国東北地域のステップに生息し、植物や昆虫を食べる。頭胴長6~7センチメートル、尾長11~12センチメートル、足は1.7~1.8センチメートル。ハツカネズミに似るが、尾が非常に長く、草木に登るときは尾を巻き付けて登る。体色は黄褐色、近縁種には背に黒条のあるものもいる。繁殖期は年1回5~6月で、妊娠期間は4~5週間。子は30日で巣立つ。寿命は長く約40か月。近縁種キタオナガネズミS. betulinaは地下の巣穴で、哺乳類では最長の8か月間も冬眠し、初め12グラムあった体重も、冬眠あけには6グラムに半減する。ミナミオナガネズミS. subtilisはビート栽培地で害虫を駆除するので有益である。[土屋公幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オナガネズミの関連キーワードレーザーマウス義須唐竹鬢長幽霊蜘蛛蓮角食い齧るビッグマウスマウスツウマウス法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone