コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニックス オニックス onyx

翻訳|onyx

3件 の用語解説(オニックスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オニックス(onyx)

瑪瑙(めのう)の一種、縞(しま)瑪瑙のこと。オニキス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オニックス【onyx】

ギリシア語のonyx(爪とか縞目を意味する)に由来し,縞メノウや縞状を呈する石灰岩をいう。(1)縞メノウ 美しいものを宝石にするほか,カメオのような浮彫に用いられる。特に紅色と白色の縞のものをサードニックスといい,8月の誕生石となっている。メノウ (2)化学的沈殿による縞状を呈する半透明の石灰岩。普通の石灰岩にくらべてやや軟質で,鍾乳石もこの一種である。石灰分に含まれる不純物によって乳白色から淡緑色(産地メキシコイランパキスタン),黄緑色から青緑色(パキスタン,エクアドルアルゼンチン),淡褐色から褐色(イタリアユーゴトルコアルジェリア)などさまざまな色を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オニックス【onyx】

縞瑪瑙しまめのう。オニキス。
化学的沈殿による縞状模様を呈する半透明な石灰岩。鍾乳石などに見られ、産出はきわめて限られる。工芸・装飾に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオニックスの言及

【メノウ(瑪瑙)】より

…宝石用となるものは淡青色のブルー・カルセドニーといい,赤色で色の一様(無地)のものはカーネリアンcarnelianという。また赤白縞メノウをサードニックス(サードオニックス)sardonyxといい,夫婦の幸福,和合を象徴し,8月の誕生石である。赤褐色のものは,縞目の有無にかかわらずサードと呼ばれる。…

【メノウ(瑪瑙)】より

…宝石用となるものは淡青色のブルー・カルセドニーといい,赤色で色の一様(無地)のものはカーネリアンcarnelianという。また赤白縞メノウをサードニックス(サードオニックス)sardonyxといい,夫婦の幸福,和合を象徴し,8月の誕生石である。赤褐色のものは,縞目の有無にかかわらずサードと呼ばれる。…

※「オニックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オニックスの関連キーワードアポリアギリシアロゴス縞目ヘリコプターヘミリシアン岩バイオジェネシスブリシアテオリアガスムロス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オニックスの関連情報