コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めのう agate

翻訳|agate

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

めのう
めのう / 瑪瑙
agate

色や透明度の違いで縞(しま)模様が明瞭(めいりょう)になっている玉髄の一種で、鉱物学的には非常に細かい石英の集まり。火山岩の空隙(くうげき)を満たして玉のような塊となり産することが多い。大きさは豆粒ぐらいから直径数十センチメートルに達するものまである。断面は同心円状あるいは水平な層状の縞になっており、しばしば中心部あるいは最上部にすきまがあって、水晶がみられることがある。天然のめのうの色は、白、乳白、灰、黄褐、赤、まれに緑、青、紫色などさまざまであるが、鮮やかなものは少ない。装飾用に出回っている美しいめのうは人工的に着色したものが多い。一般に、熱すると褐色から赤褐色になる。鉄イオンを含む薬品を使うと青色に、クロムを含む薬品では緑ないし青緑色に、ニッケルを含む薬品では鮮やかな緑色になる。また砂糖と硫酸を使って焼くと黒色になる。塩基性火山岩、流紋岩、溶結凝灰(ぎょうかい)岩などの空隙に産するほか、これらの岩石が風化崩壊した場合、めのうの塊が川や海の礫(れき)として集まる。ブラジル、ウルグアイ、インド、ドイツなどが主産地であるが、世界中に普通にみられる。日本では、北海道枝幸(えさし)郡、瀬棚(せたな)郡、二海(ふたみ)郡、石川県小松市などで産し、かつて装飾用に加工されていた。めのう細工は、福井県若狭(わかさ)地方で盛んであるが、原石は現在ではほとんどが輸入品である。オニクス(オニキスとも)onyxとよばれるものは、白と黒の縞模様が鮮やかなものをいい、苔(こけ)めのうmoss agateとよばれるものは、乳白色の地に黒、赤、緑、黄色などの樹枝状あるいは苔状の模様をもっているものをいう。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

めのうの関連キーワードイダーオバーシュタインサードニックス出雲めのう細工若狭めのう細工玉湯〈町〉二酸化珪素無機高分子勾玉・曲玉坪石・壺石ケイ化作用オニックスピボット七重宝樹アガット岩絵の具玉造温泉アゲートマーロウオニクス赤玉石

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めのうの関連情報