コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニユリ

栄養・生化学辞典の解説

オニユリ

 [Lilium lancifolium].ユリ目ユリ科ユリ属に属する.苦味があるが,つぼみを食べる.デンプンをとることもある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オニユリ

北海道〜九州の田の畔など人家近くにはえ,庭園にも植えられるユリ科の多年草。東アジアにも分布。茎は地下の鱗茎から直立し,高さ1〜2m,紫色を帯び,若いときは白綿毛がある。
→関連項目ユリ(百合)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニユリ
おにゆり / 鬼百合
[学]Lilium lancifolium Thunb.

ユリ科の多年草。茎は高さ約1.5メートル、7月ごろ花径約8センチメートルの橙(とう)色花を多数開く。葉腋(ようえき)に珠芽をつける。日本全土および中国に分布する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオニユリの言及

【ユリ(百合)】より

…現在,一般に定着しているユリ属の分類法はウィルソンE.H.Wilsonの分類(1925)に基づくもので,花の形態によりテッポウユリ亜属Leucolirion(筒状花,横向き咲き,まれに下・斜め上・上向き咲き),ヤマユリ亜属Archelirion(漏斗状花,横向き咲き),スカシユリ亜属Pseudolirion(杯状花,上向き咲き),カノコユリ亜属Martagon(鐘状花,下向き咲き)の4亜属に分けられている。ユリ属の染色体数はオニユリ(三倍体)を除き,基本的にすべて二倍体で2n=24。 種類により栽培適地が異なるが,概して水はけがよく,かつ適湿を保つ膨軟で肥沃な土壌を好む。…

※「オニユリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オニユリの関連キーワードLilium lancifoliumコオニユリ(小鬼百合)瑠璃立羽・瑠璃蛺蝶むかご(零余子)ユリ(百合)赤平戸百合コオニユリ根(植物)無性生殖栄養生殖天蓋百合料理白合小鬼百合天蓋白合栄養繁殖鱗茎菜類菅百合ユリ根むかご零余子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オニユリの関連情報