コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニユリ

栄養・生化学辞典の解説

オニユリ

 [Lilium lancifolium].ユリ目ユリ科ユリ属に属する.苦味があるが,つぼみを食べる.デンプンをとることもある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オニユリ

北海道〜九州の田の畔など人家近くにはえ,庭園にも植えられるユリ科の多年草。東アジアにも分布。茎は地下の鱗茎から直立し,高さ1〜2m,紫色を帯び,若いときは白綿毛がある。葉は多数つき,広線形で,葉腋に濃褐色のむかごができる。花は夏,5〜20個つき,径7cm内外。6枚の花被片は黄赤色で,黒紫色の斑(ふ)があり,そり返る。八重咲品種などもある。日本のものは古く中国から渡来して広がったとも考えられている。近縁のコオニユリは全体にやや小さく,むかごができない。山地の草原にはえる。ともに鱗茎は食用となる。
→関連項目ユリ(百合)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニユリ
おにゆり / 鬼百合
[学]Lilium lancifolium Thunb.

ユリ科の多年草。茎は高さ約1.5メートル、7月ごろ花径約8センチメートルの橙(とう)色花を多数開く。葉腋(ようえき)に珠芽をつける。日本全土および中国に分布する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオニユリの言及

【ユリ(百合)】より

…現在,一般に定着しているユリ属の分類法はウィルソンE.H.Wilsonの分類(1925)に基づくもので,花の形態によりテッポウユリ亜属Leucolirion(筒状花,横向き咲き,まれに下・斜め上・上向き咲き),ヤマユリ亜属Archelirion(漏斗状花,横向き咲き),スカシユリ亜属Pseudolirion(杯状花,上向き咲き),カノコユリ亜属Martagon(鐘状花,下向き咲き)の4亜属に分けられている。ユリ属の染色体数はオニユリ(三倍体)を除き,基本的にすべて二倍体で2n=24。 種類により栽培適地が異なるが,概して水はけがよく,かつ適湿を保つ膨軟で肥沃な土壌を好む。…

※「オニユリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オニユリの関連情報