コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オハイオ[州](読み)オハイオ

百科事典マイペディアの解説

オハイオ[州]【オハイオ】

米国,エリー湖の南,オハイオ川の北にある工業・農業州。略称O.,OH。平野,丘陵からなる。コーン・ベルトトウモロコシ地帯)に属し,トウモロコシ,小麦,燕麦,大豆,トマトが主要農産物。羊毛の産もある。石炭,砂利,石灰石,岩塩,石油,天然ガスなどの鉱産もある。工業では,タイヤ,自動車,航空機,鉄鋼,電気機器の生産量が大。1680年代,米,仏の毛皮商人が入植フレンチ・インディアン戦争後1763年英領に。独立戦争後米領になり,1803年連邦加入。マッキンリータフトハーディング他5人の大統領を輩出。州都コロンバス。最大都市クリーブランド,10万5829km2。1159万4163人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オハイオ[州]【Ohio】

アメリカ合衆国中西部の州。略称O.。連邦加入1803年,17番目。面積10万6764km2,人口1117万(1996,全米7位)。州都および最大都市はコロンバス。州名はイロコイ族の言語で〈美しい川〉を意味する。オハイオ川とエリー湖にかこまれ,北部はなだらかな起伏のある台地または低地,南部には丘陵も多い。湿潤温暖気候であるが,北部は湿潤大陸性気候との漸移地帯。アメリカが独立後取得した北西部領地から最初に生まれた州で,バージニア州と並んで最も多くの大統領を生み出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android