オハイオ川(読み)オハイオがわ(英語表記)Ohio River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オハイオ川
オハイオがわ
Ohio River

ミシシッピ川の東部を流れる主要な支流アレゲニー川モノンガヘーラ川が合流するペンシルバニア州ピッツバーグ付近から始り,オハイオ,ウェストバージニア両州の州境,オハイオ,ケンタッキー両州,さらにインディアナ,ケンタッキー両州の州境を流れ,イリノイ,ケンタッキーの州境を経てミシシッピ川に合する。支流中で,流水量最大。アレゲニー川上流まで含めた長さは 2100km,流域面積 52万 8000km2。支流を含めて洪水の多いことで知られ,1913,36,37年と相次ぐ氾濫で沿岸地帯に打撃を与えた。初期の開拓者はこの川を下って中西部へ入ったが,いまでも航行は可能で,石炭,砂礫,セメント,鉄鋼が輸送される。沿岸にはピッツバーグ,シンシナティルイビルエバンズビルなどの諸都市がある。第2次世界大戦中から流域には,アルミニウム,化学薬品,鉄,ゴム製品,発電などの諸工業が急速に発展,これに伴って河川の汚染問題が深刻化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android