コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフ・ブロードウェー Off‐Broadway

世界大百科事典 第2版の解説

オフ・ブロードウェー【Off‐Broadway】

ニューヨークの演劇のうち,ブロードウェーの商業演劇以外のものの総称。定員300名以下という,ブロードウェーの大劇場よりはるかに小さい劇場が活動の場であることが多く,製作費や入場料もブロードウェーより低い。オフ・ブロードウェーの劇場はマンハッタン区全域に散在するが,特にグリニチ・ビレッジに多い。上演される作品は無名の作家のもの,有名作家の実験的なもの,ブロードウェーでは上演されにくい古典や外国の名作が中心で,演出者や俳優もブロードウェーの場合に比べれば有名でないことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオフ・ブロードウェーの言及

【アメリカ演劇】より

…問題はこの2人に匹敵するほどの劇作家がそれ以後は現れていないことで,わずかに50年代末に登場したE.オールビーが挙げられるだけである。オールビーについて重要なのは,オフ・ブロードウェーの出身ということである。ブロードウェーの商業性を批判して,より実験的な仕事をしようとするオフ・ブロードウェーの運動は,すでに第2次大戦前からあったが,この時期に急に活発化した。…

【小劇場】より

…このような実験的な空間から,〈アングラ演劇〉などと呼ばれる一群の新しい演劇が誕生するわけであるが,それは,いわばこの時代の世界的な現象であって,日本でも昭和30年代の中型劇場中心の時代を経て,1960年代には客席数100前後の小劇場(運動)が生まれ,それがアングラ演劇の発生をうながし,またそのような演劇が小劇場という新しい空間を必要とするという似たような過程が現出した。またアメリカのブロードウェーでいえば,興業的な演劇と対立したオフ・ブロードウェーがそれまでの歴史的な小劇場であったが,60年代以降には,さらに実験的な演劇空間としてオフ・オフ・ブロードウェーが生まれ,前衛的な演劇の担い手となった。なお,とくに60年代以降の小劇場運動,アングラ演劇等の流れに関しては,〈前衛劇〉の項もあわせて参照されたい。…

※「オフ・ブロードウェー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オフ・ブロードウェーの関連キーワードスチュアート(Ellen Stewart)シェパード(Sam Shepard)ゲルバー(Jack Gelber)プロビンスタウン・プレーヤーズオフ・オフ・ブロードウェーファンタスティックスオフ・ブロードウェーエレン スチュアートリビング・シアターニューヨーク(市)ジャック ゲルバーラ・ママ実験劇場パフォーマンスバン・イタリーアメリカ演劇ミュージカルデ・ニーロ小劇場運動小劇場演劇ワイルダー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オフ・ブロードウェーの関連情報