コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリザニン オリザニンOryzanin

5件 の用語解説(オリザニンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オリザニン(Oryzanin)

ビタミンB1剤の商標名。明治43年(1910)鈴木梅太郎が米糠(こめぬか)から抽出して創製し、イネの学名oryzaから命名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オリザニン

ビタミンB1の別名。東京帝国大学農学部教授の鈴木梅太郎が1910年に米ぬかから脚気防止に有効な成分として抽出,命名した。→ビタミン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

オリザニン

 鈴木梅太郎が,コメ糠の抽出液から抗脚気因子として分離して命名したもので,ビタミンB1

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリザニン
おりざにん
Oryzanin

塩酸チアミンビタミンB1)の商品名。1910年(明治43)鈴木梅太郎が、動物の発育に必要で、それが欠乏すると脚気(かっけ)になる有効成分を米ぬかから分離し、イネのラテン名oryzaからオリザニンと命名した。これはビタミン発見の第一号であったが、それとほとんど同時にフンクが同様の有効成分を分離してビタミンと命名し、これが世界的に通用するに至った。1911年に三共(現第一三共)株式会社より発売された。[幸保文治]
『斎藤実正著『オリザニンの発見――鈴木梅太郎伝』(1977・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオリザニンの言及

【鈴木梅太郎】より

…06年帰国し盛岡高等農林学校教授,翌年母校教授(1907‐34)。10年米ぬかから抗脚気の有効成分ビタミンB1の抽出に成功,オリザニンと命名した。17年理化学研究所設立とともに同研究委員となり,栄養化学および合成酒(いわゆる〈理研酒〉),サリチル酸,乳酸などの研究・製造に従事した。…

【ビタミン】より

… こうしたなかで,はじめて詳しい化学実験をしたのは鈴木梅太郎であった。1910年,彼は米ぬかから有効成分の単離に成功し,12年これにイネの学名Oryza sativaにちなんでオリザニンOrizaninと名づけた。一方,11年,ポーランドのフンクCasimir Funk(1884‐1967)もロンドンのリスター研究所で米ぬかから鳥類白米病に有効な物質を発見したと発表し,これに生命vitaに必要なアミンamineという意味からビタミンvitamineと名づけた。…

※「オリザニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オリザニンの関連情報