コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリュンピオドロス オリュンピオドロス Olympiodōros

3件 の用語解説(オリュンピオドロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリュンピオドロス
オリュンピオドロス
Olympiodōros

前4~3世紀初め頃の古代ギリシアアテネの民主派の指導者。前 305年カサンドロスをエラテアで撃退し,前 294~292年事実上の僭主。前 287年アテネ駐屯のマケドニア軍に反乱を起して,ムセイオン丘を占領し,のちにデモカレスを助けてエレウシスを奪取した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オリュンピオドロス
オリュンピオドロス
Olympiodōros

5世紀頃のギリシア,逍遙学派の哲学者。アレクサンドリアアリストテレスについて講義した。プロクロスの師。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オリュンピオドロス【Olympiodōros】

テーベ(エジプト)出身のギリシア人歴史家。生没年不詳。412年にフン族へ遣わされた使節の一人であったが,詳しい経歴は伝わらない。407‐425年の歴史を全22巻の著作にまとめ,テオドシウス2世に献呈した。現在ではこの著作は散逸し,後世の著作家(フォティオスなど)の要約・引用によって断片的にしか知られない。生涯キリスト教に帰依せず,多くの旅行をし,同時代の出来事のよき観察者・記述者であった。【田村 孝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オリュンピオドロスの関連キーワードアカイア人ストラボンナウクラティスエジプト鼠エジプト綿コプトエジプトはナイルの賜古代エジプト語ワセトエジプト風

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone