コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリンピック種目 オリンピックシュモク

デジタル大辞泉の解説

オリンピック‐しゅもく【オリンピック種目】

オリンピック大会の競技の種目。オリンピック憲章によると、陸上競技体操競技ボクシングレスリング柔道フェンシングウエートリフティング射撃馬術水上競技ヨット弓術ホッケーハンドボールバスケットボールバレーボールサッカー自転車近代五種競技テニスなどで、このうち15種目以上の競技は必ず行うものとされている。冬季には、スキースケートアイスホッケーボブスレーなどの種目を行う。
[補説]オリンピック種目として認定されるためには、男子は3大陸・50か国以上、女子は3大陸・35か国以上で行われていること、世界選手権大会または大陸別選手権大会が二度以上実施されていることなどが条件となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

オリンピック種目の関連キーワードアムステルダム・オリンピック競技大会ワールド・ベースボール・クラシックセントルイス・オリンピック競技大会ベルリン・オリンピック競技大会シンクロナイズドスケーティング十種競技(じっしゅきょうぎ)米大リーグのドーピング事件ウエイトリフティング平行棒(体操競技)ウィンドサーフィンつり輪(体操競技)ピストル射撃競技ゆか(体操競技)スロープスタイルスピードスケート鉄棒(体操競技)クレー射撃競技アジア競技大会メドレーリレースーパー大回転

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オリンピック種目の関連情報