コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルト[川] Olt

1件 の用語解説(オルト[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オルト[川]【Olt】

ドナウ川の支流。ルーマニア領を流れる。全長699km,流域面積2万4300km2。源流は東カルパチ山脈のハシュマシュ・マーレ山,標高1280m地点である。古代から知られた川で,古名はアルトゥス。東カルパチ山脈の山間盆地,チウク盆地を出て,トゥシュナド峡谷をつくり,ブラショブのあるブルセイ盆地に達する。ここで大きく曲流し,ラコシュ峡谷を通り,トランシルバニア台地南端のファガラシュ盆地へ出る。この盆地では,南カルパチ山脈から流出する河川を集め,流量豊かな川になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone