オルト[川](英語表記)Olt

世界大百科事典 第2版の解説

オルト[川]【Olt】

ドナウ川の支流。ルーマニア領を流れる。全長699km,流域面積2万4300km2。源流は東カルパチ山脈のハシュマシュ・マーレ山,標高1280m地点である。古代から知られた川で,古名はアルトゥス。東カルパチ山脈の山間盆地,チウク盆地を出て,トゥシュナド峡谷をつくり,ブラショブのあるブルセイ盆地に達する。ここで大きく曲流し,ラコシュ峡谷を通り,トランシルバニア台地南端のファガラシュ盆地へ出る。この盆地では,南カルパチ山脈から流出する河川を集め,流量豊かな川になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android