コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルサ Bursa

翻訳|Bursa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルサ
Bursa

トルコ北西部の都市で,ブルサ県の県都。マルマラ海南岸より約 20km,ウル山(2543m)の北北西麓の丘陵に位置する。前3世紀,ビティニアの王によって建設されたとみられる。ビザンチン時代を通じて繁栄したが,11世紀末にセルジューク・トルコ領(→セルジューク朝)となった。1096年の第1次十字軍以来しばしば支配者を変え,1204年のコンスタンチノープル略奪後は,十字軍に対するビザンチンの抵抗運動の中心地となった。1326年にオスマン帝国の第一首都となり,1413年に首都がエディルネに移ったのちも成長と繁栄を続け,17世紀まで帝国の三首都の一つとされた。ウル・ジャーミ,イェシェル・ジャーミなどのモスクのほか,オスマン帝国の建国者であるオスマン1世,メフメット1世などの墓がある。15世紀には生糸交易の中心で,17世紀までには絹織物でヨーロッパ,アジアに知られ,綿・羊毛の織物とともに今日も盛ん。缶詰,酪農製品,機械などの工業もある。イスタンブールとは空路で結ばれる。2014年,近郊のジュマルクズックとともに,オスマン帝国発祥の地として世界遺産の文化遺産に登録された。人口 173万4705(2013推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルサ(Bursa)

トルコ北西部の都市。ウル山(ウルダー)北麓に位置する同国第四の都市。14世紀にオスマン帝国最初の首都が置かれ、オスマン1世、オルハンなど歴代君主の廟がある。温泉地としても知られるほか、ウル山でハイキングやスキーを楽しむ観光客が多く訪れる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブルサ

トルコ北西部,アナトリア高原とマルマラ海の間の盆地にある都市。タバコ,果実,クワなどが栽培され,製糸織物工業が盛ん。前3世紀ビテュニア王プルシアス1世が創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルサ【Bursa】

トルコのアナトリア北西部にある都市。人口99万7000(1994)。ウルーダウ山(2543m)の北西山麓に位置し,桃の名産地として知られる同名の平野をのぞみ,温泉・史跡をもつ観光地。この町の歴史は,前6世紀に,ビテュニア王国のプルシアスPrusiasによって建設されたことに始まるといわれる。また一説によると,後6世紀,ビザンティン皇帝ユスティニアヌス1世の時代に,2人の牧師によって養蚕技術が中国からこの町に伝えられたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブルサ【Bursa】

トルコ北西部の観光都市。絹織物・カーペットなどの工業が盛ん。1326年から66年までオスマン帝国最初の首都であった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルサ
ぶるさ
Bursa

トルコの小アジア半島北西部の都市。マルマラ海沿岸から南東25キロメートルに位置する。ブルサ県の県都。人口119万4687(2000)、トルコ第四の都市である。ウル・ダァ山(2543メートル)の北麓(ほくろく)にあって緑樹が美しく、「緑のブルサ」とよばれる。オスマン帝国の古都として歴史に富み史跡も多く、温泉も湧出(ゆうしゅつ)し、ウル・ダァ山にはスキー場もあるなど観光・保養地として有名である。伝統的な絹織物、刺しゅうの産があるほか、精糖・自動車工業も立地する。バス交通の要衝で空港も所在する。町の起源は紀元前200年ごろのプルサPrusaにまでさかのぼる。オスマン帝国2代目君主オルハンの治世の紀元後1326年に首都に選ばれ、1369年にエディルネにその地位を譲るまで、数十年にわたって政治の中心地であった。この地に葬られる君主も多く、初代君主のオスマン廟(びょう)や2代君主のオルハン廟、タイルの美しさから「緑の廟」とよばれるメフメト1世の廟などがあり、またイェシル・ジャミ(緑のモスク)やウル・ジャミ(大モスク)などの華麗な建造物もみられる。考古博物館、イスラム博物館、大学も所在する。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブルサの関連キーワードブルサとジュマルクズック:オスマン帝国発祥の地タシュキョプリザーデ・アフメトアフメット・ベフィク・パシャ母島ウエントロ海域公園地区クルト シュウィッタースオルハンガーズィモスク母島椰子浜海域公園地区スレイマン・チェレビーアブドゥル・カーディルエミルスルターンモスクホワイトシンドローム南北浦海域公園地区西アジア史(年表)イェシルテュルベ神瀬海域公園地区オスマン(1世)蒲江海域公園地区イェシルモスクアンドロメロスバブルサーマル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルサの関連情報