コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルブリヒ Olbrich, Joseph (Maria)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルブリヒ
Olbrich, Joseph (Maria)

[生]1867.11.22. トロッパウ
[没]1908.8.8. ジュッセルドルフ
オーストリアの近代建築家,デザイナー。 O.ワーグナーの弟子。 1897年に結成されたウィーン・ゼツェッシオン運動の指導者の一人。 1900年のウィーン・ゼツェッシオン展覧会のためにゼツェッシオン館 (1898~99) を設計。 1899年,ヘッセン大公ルートウィヒに招かれ,その首都ダルムシュタットの芸術家村を計画,エルンスト・ルードビヒ・ハウス (1901) ,展示館 (01~08) ,ヘッセン大公成婚記念塔 (01~08) などを造り,1908年ジュッセルドルフに移り,ティーツ百貨店 (現カウフホーフ百貨店,06) を建てたのが最後の作品である。自邸ファインハルス (08~09) は,ドーリス式オーダーを用いた古典様式によるものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オルブリヒ

オーストリアの建築家,工業デザイナー。ウィーン美術学校卒業後,師のO.ワーグナーに協力。ゼツェッシオンの創立に参加,ゼツェッシオン館を手がけた。1899年ヘッセン大公に招かれ,ダルムシュタットに芸術家村を計画,大公結婚記念塔,住宅,アトリエ等を設計。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルブリヒ【Joseph Maria Olbrich】

1867‐1908
オーストリアの建築家。トロッパウ(現,オパバ)生れ。O.ワーグナーの弟子。J.ホフマンと共にウィーン・ゼツェッシオン(分離派)を結成,同派のためにゼツェッシオン館(1897)を設計した。1899年ヘッセン大公に招かれダルムシュタット芸術家村の建設に参加,その全体計画,展覧会場,大公結婚記念塔,自邸を含む芸術家の住宅群を設計(1901‐08)。大公を除くドイツ人の無理解に悩まされ,デュッセルドルフのティーツ百貨店(1908)を遺作に早世した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オルブリヒの関連キーワードオーストリア建築11月22日ベーレンス近代建築

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android