コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルブリヒ オルブリヒ Olbrich, Joseph (Maria)

3件 の用語解説(オルブリヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルブリヒ
オルブリヒ
Olbrich, Joseph (Maria)

[生]1867.11.22. トロッパウ
[没]1908.8.8. ジュッセルドルフ
オーストリアの近代建築家,デザイナー。 O.ワーグナーの弟子。 1897年に結成されたウィーンゼツェッシオン運動の指導者の一人。 1900年のウィーン・ゼツェッシオン展覧会のためにゼツェッシオン館 (1898~99) を設計。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オルブリヒ

オーストリアの建築家,工業デザイナー。ウィーン美術学校卒業後,師のO.ワーグナーに協力。ゼツェッシオンの創立に参加,ゼツェッシオン館を手がけた。1899年ヘッセン大公に招かれ,ダルムシュタットに芸術家村を計画,大公結婚記念塔,住宅,アトリエ等を設計。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オルブリヒ【Joseph Maria Olbrich】

1867‐1908
オーストリアの建築家。トロッパウ(現,オパバ)生れ。O.ワーグナーの弟子。J.ホフマンと共にウィーン・ゼツェッシオン(分離派)を結成,同派のためにゼツェッシオン館(1897)を設計した。1899年ヘッセン大公に招かれダルムシュタット芸術家村の建設に参加,その全体計画,展覧会場,大公結婚記念塔,自邸を含む芸術家の住宅群を設計(1901‐08)。大公を除くドイツ人の無理解に悩まされ,デュッセルドルフのティーツ百貨店(1908)を遺作に早世した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オルブリヒの関連キーワードオーストリアオパバオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストラリアンバロットオーストリーオーストリアン・バロック・カンパニーロック・ミー・アマデウスオーストリアン・スムース・ブラッケオーストリア美術

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone