コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレゴン道 オレゴンどう Oregon Trail

翻訳|Oregon Trail

2件 の用語解説(オレゴン道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレゴン道
オレゴンどう
Oregon Trail

アメリカ西部開拓時代の大移住路。ミズーリ州インデペンデンスからオレゴン州コロンビア川流域にいたる約 3200kmのルート

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレゴン道
おれごんみち
Oregon Trail

1840年代初頭から50年代にかけて、北アメリカ太平洋岸のオレゴンに移住する開拓民がたどった約3200キロメートルの大陸横断の道筋をいう。アメリカの東部では、1840年前後から、オレゴンのコロンビア川流域、とくにその支流のウィラメット川流域の豊かな農地を目ざす移住者が急激に増えた。いわゆる「オレゴン熱」である。通常、彼らはミズーリ州インディペンデンスで幌(ほろ)馬車を仕立て、まずプラット川沿いに北西に進み、サウス・パスでロッキー山脈を越え、ホール砦(とりで)を経てコロンビア川の上流に至るというルートをとった。当時アメリカ、イギリス両国が共有していたオレゴンへこのように大ぜいのアメリカ人が移住したことは、1846年にアメリカがオレゴン協定により同地を正式に獲得するための下地となった。[平野 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オレゴン道の関連キーワードミズーリミズーリ川アーリーアメリカンアメリカ杉ガンマンアーリーアメリカンスタイルINTO THE WESTハイシャパラルバット・マスターソンオレゴン街道

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone