オレゴン道(読み)オレゴンどう(英語表記)Oregon Trail

翻訳|Oregon Trail

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレゴン道
おれごんみち
Oregon Trail

1840年代初頭から50年代にかけて、北アメリカ太平洋岸のオレゴンに移住する開拓民がたどった約3200キロメートルの大陸横断の道筋をいう。アメリカの東部では、1840年前後から、オレゴンのコロンビア川流域、とくにその支流のウィラメット川流域の豊かな農地を目ざす移住者が急激に増えた。いわゆる「オレゴン熱」である。通常、彼らはミズーリ州インディペンデンスで幌(ほろ)馬車を仕立て、まずプラット川沿いに北西に進み、サウス・パスでロッキー山脈を越え、ホール砦(とりで)を経てコロンビア川の上流に至るというルートをとった。当時アメリカ、イギリス両国が共有していたオレゴンへこのように大ぜいのアメリカ人が移住したことは、1846年にアメリカがオレゴン協定により同地を正式に獲得するための下地となった。[平野 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android