コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンデマンド配信 オンデマンドハイシン

2件 の用語解説(オンデマンド配信の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オンデマンド‐はいしん【オンデマンド配信】

テレビ映像やラジオ音声などを、視聴者の要求に合わせて個別に配信すること。また、そのシステム。→ビデオオンデマンド

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンデマンド配信
おんでまんどはいしん

データ配信方式の一つ。視聴者がサービス提供事業者にリクエストし、映像や音声などのデータ配信を受けていつでも視聴できる方式である。データの送受信には、光ファイバーインターネット通信網やケーブルテレビネットワークを使用したサービスが多いが、Wi-Fi(ワイファイ)やLTEなどの高速無線ネットワークに対応したサービスも増えている。オンデマンドとは、要求を意味するデマンドdemandと、その都度(つど)という意味をもつオンonを組み合わせた表現である。データを送受信する仕組みのうえでは、ウェブやメールの利用も同様の方式といえるが、映画などのオンデマンド配信の場合、あらかじめ配信先の視聴環境に適した数種類のデータを用意してデータセンターのサーバに蓄積しておき、視聴者からの要求に応じて指定に適合するデータとネットワークを接続し、ダウンロードしながら同時閲覧できる仕組み(ストリーミング)になっている。
 2000年(平成12)前後からブロードバンド通信を基盤に、過去の映画やテレビ番組を配信するビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスの提供が始まり、オンデマンドという表現が浸透するきっかけとなった。それ以降、配信データを受信する端末は、パソコンやスマートフォン、タブレット型端末、テレビに接続するSTB(セットトップボックス)などへと広がっており、コンテンツの内容も急速に多様化している。ラジオ番組のポッドキャストなど音声のみのサービスもあるが、映像を用いた配信サービスが拡大しており、ビデオ・オン・デマンドをはじめ、大学の授業や企業のセミナーなどを配信するオンデマンド授業、企業の投資家向けの情報提供(IR:Investor Relations)、音楽ライブや舞台公演の映像配信などが、着実に浸透している。コンテンツごとに課金する方式と、一定金額支払いの方式とがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オンデマンド配信の関連情報