コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストリア国立図書館 オーストリアこくりつとしょかん

世界の観光地名がわかる事典の解説

オーストリアこくりつとしょかん【オーストリア国立図書館】

オーストリアの首都ウィーン、ヨーゼフ広場の旧王宮敷地内にある図書館。元々は王室の宮廷図書館で、1920年に国立図書館として一般に開放された。館内は、この図書館が「プルンクザール」(豪華な大広間)と愛称される由来となっているダニエル・グラン作のフレスコ画がある豪華な大広間(奥行き80m、高さ20m)など、大理石の円柱とレリーフの絢爛豪華なバロック様式になっていて、世界で最も美しいバロック様式の図書館といわれる。その内装はフィッシャー・フォン・エアラッハ親子が設計を担当し、1723~1737年にかけて建設された。ファザードの完成は1726年である。蔵書は約20万冊。その中には対トルコ戦争で活躍したプリンツ・オイゲン(1663~1736年)の蔵書1万5000冊、宗教改革者マルティン・ルター(1483~1546年)の膨大な蔵書などが含まれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

オーストリア国立図書館の関連キーワードフィッシャー・フォン・エルラハウェンツェル王聖書オーストリア建築ウィーン創世記ポイティンガーマルティーニオーストリア

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android