コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストリア国立図書館 オーストリアこくりつとしょかん

1件 の用語解説(オーストリア国立図書館の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

オーストリアこくりつとしょかん【オーストリア国立図書館】

オーストリアの首都ウィーンヨーゼフ広場の旧王宮敷地内にある図書館。元々は王室の宮廷図書館で、1920年に国立図書館として一般に開放された。館内は、この図書館が「プルンクザール」(豪華な大広間)と愛称される由来となっているダニエルグラン作のフレスコ画がある豪華な大広間(奥行き80m、高さ20m)など、大理石の円柱とレリーフの絢爛豪華なバロック様式になっていて、世界で最も美しいバロック様式の図書館といわれる。その内装はフィッシャー・フォン・エアラッハ親子が設計を担当し、1723~1737年にかけて建設された。ファザードの完成は1726年である。蔵書は約20万冊。その中には対トルコ戦争で活躍したプリンツ・オイゲン(1663~1736年)の蔵書1万5000冊、宗教改革者マルティン・ルター(1483~1546年)の膨大な蔵書などが含まれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーストリア国立図書館の関連キーワード維納カールス教会ボティーフ教会ヨーゼフ二世ウィーン気質ウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会ウィーンマラソンレゾナンツェンヴューラー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone