オーストリア国立図書館(読み)オーストリアこくりつとしょかん

世界の観光地名がわかる事典の解説

オーストリアこくりつとしょかん【オーストリア国立図書館】

オーストリアの首都ウィーン、ヨーゼフ広場の旧王宮敷地内にある図書館。元々は王室の宮廷図書館で、1920年に国立図書館として一般に開放された。館内は、この図書館が「プルンクザール」(豪華な大広間)と愛称される由来となっているダニエル・グラン作のフレスコ画がある豪華な大広間(奥行き80m、高さ20m)など、大理石の円柱とレリーフの絢爛豪華なバロック様式になっていて、世界で最も美しいバロック様式の図書館といわれる。その内装はフィッシャー・フォン・エアラッハ親子が設計を担当し、1723~1737年にかけて建設された。ファザードの完成は1726年である。蔵書は約20万冊。その中には対トルコ戦争で活躍したプリンツ・オイゲン(1663~1736年)の蔵書1万5000冊、宗教改革者マルティン・ルター(1483~1546年)の膨大な蔵書などが含まれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーストリア国立図書館の関連情報