コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オールド・ビック オールドビック

2件 の用語解説(オールド・ビックの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オールド・ビック

英国の劇場。ロンドンテムズ川南岸にある。1818年ローヤル・コーバーグ劇場として設立,1833年のちのビクトリア女王の来場を記念してローヤル・ビクトリア劇場と改称,以後,通称オールド・ビックの名で親しまれた。
→関連項目オリビエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オールド・ビック
おーるどびっく
Old Vic

イギリスの劇場および劇団名。ロンドンのテムズ川南部に1818年ロイヤル・コバーグ劇場の名で開設されたが、ビクトリア王女の来場を記念してロイヤル・ビクトリア劇場と改称、それがのちにオールド・ビックの名で親しまれるようになった。長い間場末の寄席(よせ)であったが、80年に社会改良家エマ・コンズが禁酒ミュージック・ホールに改造、その死(1912)後、姪(めい)のリリアン・ベイリスの9年間かけてのシェークスピア劇全作品上演の壮挙により、一躍シェークスピア劇のメッカとなった。ジョン・ギールグッド、ローレンス・オリビエ、イーディス・エバンズらがこの舞台で当りをとるなど、俳優の登竜門ともなった。劇団はシーズンごとの契約制で新鮮な刺激を図っていたが、1941年に爆撃で劇場が倒壊したあと、ウェスト・エンドのニュー劇場で公演を続け、50年に本拠地に戻った。古典や新作の上演で着実な活躍ぶりを示したが、63年からナショナル・シアター劇団の本拠地となり、オールド・ビックの劇団活動は停止した。76年のナショナル・シアター開場後、一時名称が復活したが、81年に消滅した。[中野里皓史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オールド・ビックの関連キーワードグリニッジサザークテムズ川バークシャーリッチモンドアポンテムズロンドンロンドン塔ロンドンアイロンドンタイムズロンドン橋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone