コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーロラ爆発 おーろらばくはつ auroral breakup

2件 の用語解説(オーロラ爆発の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

オーロラ爆発

太陽風と地球磁場の影響により北極・南極の成層圏より上空で起こる発光現象オーロラ」の中で、夜空の一点から突然光が噴出し多彩に変化しながら空全体に広がっていき、まるで空が破れる(breakup)ように見えるもの。発生原因・過程などはよくわかっておらず、数分間続く異常に激しいオーロラといったこと以上の明確な定義もない。

(2013-4-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーロラ‐ばくはつ【オーロラ爆発】

極域で見られるオーロラの中でも、特に明るく活動的なオーロラ。まれにしか見られず、その継続時間は5分から10分程度。通常のオーロラは、地球に降り注ぐ高エネルギー電子が、地上からの高さが100~300キロメートルで酸素原子や窒素分子のイオンと衝突して、それぞれ赤や緑や紫の光を放つ。一方、オーロラ爆発では、電子のエネルギーが高く、かつ大量に降り注ぐため、より地上に近い高さ80キロメートル付近で窒素分子とぶつかり、桃色の光を放つ。オーロラブレークアップ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーロラ爆発の関連キーワードオーロラ中でもオーロラオーバルオーロラ帯きょっこう極光帯脈動オーロラオーロラシティ殺人者はオーロラを見た《オーロラの結婚》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーロラ爆発の関連情報