オーロラ(英語表記)Aurora

翻訳|Aurora

デジタル大辞泉 「オーロラ」の意味・読み・例文・類語

オーロラ(Aurora)

ローマ神話あけぼのの女神アウロラの英語名。
(aurora)北極や南極地方の上空110キロメートル前後に現れる大気の発光現象。形はコロナ状・幕状など、色は白・赤・緑などで、刻々に変化する。太陽面の爆発で放出された帯電微粒子が、電離層中の空気の原子分子に衝突して発光する。極光。

オーロラ(Aurora)

米国イリノイ州北東部の都市。シカゴの西約60キロメートル、フォックス川沿いに位置する。各種製造業が盛んだったが、1990年代にカジノを中心に再開発が進められた。市街中心部には、1931年開設のパラマウント劇場をはじめ、煉瓦れんが造りの建物が多く残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「オーロラ」の意味・読み・例文・類語

オーロラ

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] aurora ) ( ローマ神話の「曙の女神」の名にちなむ ) 南北両極付近の地上上空一一〇キロメートル前後に現われる放電現象。地球の磁力線に引きつけられた太陽からの帯電粒子により発生する。黄緑色を中心に赤色、青白色を呈し、カーテン状、アーチ状などに広がる。極光。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「オーロラ」の意味・わかりやすい解説

オーロラ
Aurora

極光ともいう。主として極地方で見られる現象。地球外から入射してくる電子や陽子の群が地球の超高層大気粒子に衝突して,超高層大気の分子や原子などを励起し発光させる現象で,ネオン管が光るのと同種の原理による。1979年3月に木星の近くを通ったボエジャー1号の観測によって,木星にもオーロラがあることが知られている。オーロラは,ローマ神話の夜の星ぼしを追い払う夜明けの女神アウロラAuroraに由来し,中緯度で時たま見られるオーロラが夜明けの光に似ているところから,18世紀ごろからオーロラと呼ばれるようになった。オーロラは古くギリシア時代には“天の洞穴”“天球の割れ目”に燃える火と考えられ,また,中世のノルウェーでは極地の氷や雪が昼間吸収した太陽光を夜間放出しているものと考えられていた。近世にはにじや暈(かさ)のような気象現象であるとする考えもあった。

 広い意味でのオーロラは次の三つに大別される。(1)極冠グローオーロラ 磁気あらしに先立って地球の極冠地方(極光帯より高緯度の地方)に現れる,ごく薄いぼんやりした不定形の光で,水素の放出するHα線(赤),Hβ線(青)などの光が他のオーロラに比べて強いのが特徴である。

(2)極光帯型オーロラ 極光帯(北半球ではアラスカ,カナダ,グリーンランド南部,シベリア沖の海上などを通る領域)に特有のオーロラで,酸素や窒素の分子,原子などが発する赤,緑,青,ピンクあるいは赤紫などの光が強い。極光帯型オーロラは概して形もはっきりしており,最も顕著なオーロラで,一般にオーロラといえば極光帯型オーロラを指すものと考えてよい。

(3)中緯度オーロラ 激しい磁気あらしに伴って中緯度地方(ヨーロッパ,日本,アメリカなど)で見られる赤いぼんやりしたオーロラ。《日本書紀》推古28年(620)12月1日の条の〈天に赤き気あり。長さ一丈余。形雉尾に似たり〉などがこれに当たると考えられる。日本でも数十年に1度くらいの割合で見られる。

オーロラを光らせるのは主として太陽から飛来する陽子と電子であるが,地球の電離圏から上昇していった電子や陽子も加速を受けて入射していると考えられる。これらはいずれも荷電粒子であって,かつ宇宙線ほどエネルギーが高くないために磁場を横切って入射することができず,磁場を横切らずに入射できる極地方に集中し,低緯度地方には入射しない。したがってオーロラは本質的に高緯度地方の現象である。

 極冠グローオーロラを光らせるのは,太陽フレア(太陽面での局所的な爆発)のとき,太陽から放出されるエネルギーの高い陽子(106~108eV)が主である。エネルギーが高いので通常の太陽風よりもきわめて早く地球に到達し,地球磁場の効果の小さい極冠地方だけには直接入射する。

 極光帯型オーロラと中緯度オーロラを光らせる粒子は太陽風の電子や陽子,および地球の電離圏から上昇していった電子や陽子が磁気圏内で加速されて入射するものである。太陽風に由来する粒子はエネルギーが低い(100~1000eV)ために直接超高層大気に入射できず,一度地球磁気圏に入って蓄えられ,磁気圏内で加速や散乱を受けて超高層大気に入射してくる(目に見えるオーロラはほとんど電子の入射によって光っている)。

 陽子や電子が超高層大気に入射すると酸素や窒素の原子,分子,それらのイオンなどに衝突し,エネルギーを与える(励起させる)。また陽子は衝突によって電子を捕捉し,励起した水素原子となる。エネルギーを与えられた粒子は,より低いエネルギー状態に移ろうとし,このときエネルギーが光の形で放出される。この場合放出される光は物質固有の波長をもち,光の色がきまる。オーロラの光のうち特に強いものは,中性酸素原子の緑色の線スペクトル(波長5577Å),赤い線スペクトル(波長6300Å,6364Å),窒素分子イオンの青い帯スペクトル,および中性窒素分子のピンクあるいは赤紫の帯スペクトルなどで,極冠グローオーロラでは,水素の赤いHα線(波長6563Å)が現れる。このほかオーロラ中にはヘリウムナトリウムなどの光も含まれている。

オーロラは地磁気の緯度(場所によって地理緯度とは10°ほどの違いがある)の65~70°あたりの地域で夜間によく見られ,南北両極地方のこの地域を極光帯と呼んでいる。オーロラが同時に存在する領域の緯度は地球の昼の側では75~80°,夜の側で65~70°となり,全体として一続きの,ほぼ円形の領域になる。このように1日の時刻による変化を考慮したオーロラ出現地域はオーロラ・オバルと呼ばれる。

オーロラの形は大別して,カーテン型,パッチ型,不定形の3種に分類される。カーテン型オーロラは主として夕方から深夜にかけて高緯度よりのオーロラ・オバル沿いに,パッチ型オーロラは深夜から明け方の低緯度よりのオバル沿いに現れ,不定形のものは低緯度よりのオバルや,極冠グロー,中緯度オーロラなどに見られる。カーテン型オーロラの中では常に大小さまざまのひだが出現・消滅を繰り返している。パッチ型オーロラは平たんなモザイク状構造とやや背の高い線状構造よりなり,一つ一つのパッチがそれぞれ独立に周期数秒~数十秒で点滅するように明るさを変えるのが特徴である。また,パッチ型オーロラは不定形オーロラのバックグラウンドを伴っていることが多い。

 入射電子は磁場の束縛を強く受けて,磁力線に沿ってしか運動できないので,カーテン型オーロラのひだのようにオーロラには磁力線に沿った構造が卓越する。一方,陽子は大気中の水素の粒子と衝突して電子を捕捉し,中性の水素原子となって直進し,また大気の粒子と衝突して電子を放出し陽子となる過程を繰り返す。中性の水素原子となっている時期には磁場の束縛を受けないので著しく散乱し,したがって水素の光で見たオーロラはぼんやりした不定形のものとなる。また入射速度を反映して,水素の光はドップラー効果により著しく紫側へずれているのが特徴である。

 身近な物体の照度と対比させてみるとオーロラは意外に暗く,最も明るいものでも1lx,ふつうは1/100lx程度(月に照らされた雲と同程度)のものが多い。

 カーテン型オーロラの下縁の高さはおよそ地上100km,上縁はしだいに暗くなるが400kmあたりまで見えることもある。全体として夕方には高く,深夜に近づくにつれて下縁も背の高さも低くなる。パッチ型オーロラは概して低く,80~100kmであるが,混在する線状構造はこれよりやや高い。極冠グローオーロラの高さは80~90kmと低く,また中緯度オーロラの高さは300~600kmと高いのが特徴で,シベリア上空あたりに現れる中緯度オーロラが日本からでも見えるのはそのためである。

 オーロラの光る高さは,極光帯型オーロラの場合,概して入射する電子(または陽子)のエネルギーできまり,エネルギーが高ければ入射高度は低く,低い所でオーロラを光らせ,エネルギーが低ければ高い所で止まるのでオーロラの高度は高い。代表的な入射電子のエネルギーは1000~数万eVで,止まる高さは150~70kmである。

 中緯度オーロラに見られるような赤いオーロラの高度が高いのは,酸素原子の発光機構によるものであって,必ずしも入射粒子のエネルギーによるとはいえない。酸素原子が赤い光(緑もその傾向をもつが)を放出するまでの時間が著しく長いために,もしエネルギーをもらった酸素原子が他の大気粒子に衝突すると,光を放出する前にエネルギーを失って光を出すことができなくなる。したがって,他の大気粒子との衝突が少ない高い所でしか光を放出できないという事情による。


オーロラは常に変動しているが,最も著しい活動は,真夜中のオバルが急速に明るさを増し,激しく動き始めて,数分の間にオバルの幅が数百kmにも広がる爆発的な発達(オーロラあらし)である。太陽風の中の磁場に南向き成分が増えると太陽風から地球磁気圏へのエネルギー流入が増加し,その結果,入射電子が爆発的に増加してこのような爆発的なオーロラの発達が起こるものと考えられている。このような発達に際してオーロラ中やその近傍の電離圏には強い西向きの電流が流れて磁場を乱し,極磁気あらしの原因となる。

カーテン型オーロラの活動時には一般に地上ではオーロラ・ヒスと呼ばれる雑音性の電波が受信される。同種の電波は地球外の人工衛星でも観測され(オーロラ・キロメートル波,ソーサー波など),外から地球を見るとオーロラ活動に伴って電波星のように電波を放出していることがわかる。パッチ型オーロラの点滅に対してはオーロラ・コーラスと呼ばれる小鳥のさえずりに似た電波が受信されることがある。またパッチ型オーロラの点滅とともに,地球磁場の振動(地磁気脈動)が起こる。また一般にオーロラはX線を放射しており,オーロラX線と呼ばれている。さらにオーロラ粒子の入射は,大気の粒子を光らせるだけでなく,入射してくる粒子自身やオーロラX線によって大気の粒子を電離し,そのために電離圏下部で電波の吸収が増大し,オーロラ活動に伴って短波帯の吸収(ブラックアウト)が起こる。その最も顕著なものは極冠グローオーロラに伴うもので,極冠吸収と呼ばれる。オーロラを光らせる電子や陽子の流れは当然電流であり,一般に最も明るいオーロラが見られる夕方のオバルのあたりは,電子の下向きの入射に対応して,電離圏から磁気圏に向かう上向きの電流(沿磁力線電流)が強く,また逆に,明け方のオバル沿いには,特にオーロラ爆発時に陽子の入射(下向きの沿磁力線電流に対応)が見られる。このような沿磁力線電流は,夜のオバル沿いにオーロラ中やその近傍を西向きに流れて極磁気あらしを起こす電流につながっていると理解されている。

オーロラ粒子の源は主として太陽風から磁気圏に入りこんできた粒子で,一部は地球の電離圏から上昇していった粒子も含まれている。これらの粒子を加速するエネルギーの源は,太陽風と地球磁気圏の間に作用する発電効果と考えられている。発電効果は太陽風中の磁場の向きに依存し,磁場の南向き(磁軸の北極から南極に向く向き)成分が増えると,多量の粒子とエネルギーが磁気圏内にとり込まれ,さらに磁気圏内で粒子が加速されて超高層大気に入射し,オーロラの爆発的な発達を起こすものと考えられている。このようなオーロラの発達のときには磁気圏の磁場の形が急速に変化し,磁気エネルギーが粒子の運動エネルギーに変換されている様子を知ることができる。また,この種のエネルギー変換に伴って夕方のオバル沿いには地上数千~1万kmあたりに,磁力線に沿った反地球向きの電場ができ,この領域でオーロラ電子が地球向きにさらに加速されている。このように電場によって下向きに加速された電子が原因となってカーテン型オーロラが光る。一方,加速を受けながらも直接に入射することなく,磁気圏内に蓄えられてさらに地球に近づいてくる電子が,磁気圏内の赤道面付近でプラズマ波との相互作用で散乱され,入射するのに対応するのが点滅するパッチ型オーロラであり,激しい磁気あらしのときになおいっそう地球近くまで入りこんできた粒子から,ゆっくりエネルギーが下方に運ばれて中緯度オーロラを光らせると考えられている。しかし,太陽風から磁気圏へのエネルギーや粒子の流入,磁気エネルギーの粒子エネルギーへの変換,磁場沿いにできる電場の成因,波による粒子の散乱など,重要な物理過程は必ずしも明らかとはなっていない。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「オーロラ」の意味・わかりやすい解説

オーロラ

元来はローマ神話の曙(あけぼの)の女神アウロラの英語読み。転じて主として高緯度地方の上空に現れる大気の発光現象。極光とも。外観は,放射状に開く〈コロナ状〉,ゆれ動く〈幕状〉,活動の激しい〈炎状〉など,色は黄〜緑が多く,そのほか赤,青など,明るさもさまざまである。太陽から飛んでくる荷電粒子流(プラズマ)が地球の磁気空洞のなかに侵入し,電離層中の空気の分子に衝突して発光させるもの。ネオン管の発光と同様の原理による。必ず磁気あらしに伴って出現,太陽黒点の11年周期に平行して増減する。プラズマ流が地球磁場のため極地方に集中させられ高緯度地方のE層付近(地上100km)を発光させるものと,プラズマ流がいったん数百kmの超高層大気中に赤道を取り巻くような電流系を形成,これが原因となってF層付近(200〜400km)を発光させるものの2種類に分かれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「オーロラ」の意味・わかりやすい解説

オーロラ
aurora

極地方の夜空を彩る美しい光。極光ともいう。磁極から南北緯に 23°離れたオーロラ帯で最もよく現れ,年間に 100回をこえる。これより低緯度でも太陽活動の活発なときには見られる。日本でも北海道では約 10年に 1回の割合で見られ,太陽活動の盛んな 1957年には 3回以上観測された。オーロラの現れる高度は大部分が 90~130kmである。色は緑白色または暗赤色が多いが,赤白色や紫色に見えることもある。明るさは満月程度のこともある。形は弧状,帯状,幕状,コロナ状,線状などがあり,静かなものも,絶えず動くものもある。オーロラは太陽から飛来する電気を帯びた粒子が極地の大気圏に突入することによって発生するもので,磁気嵐黒点などの太陽活動と密接な関係にあることが知られている。

オーロラ
Aurora

アメリカ合衆国,コロラド州中北部の都市。デンバーの東部郊外にあり,トルゲートクリークとハイライン運河に面する。 1891年の銀鉱ブームのときに建設され,93年まで鉱山町として栄えたが銀の暴落で閉山した。現在のオーロラはデンバーへの通勤者の住宅地で,釣具やスポーツ用具,電気器具,スーツケース,精密機械の製造などの軽工業もある。人口 32万5078(2010)。

オーロラ
Aurora

アメリカ合衆国,イリノイ州北東部の都市。シカゴの市街地西方約 60kmにあり,フォックス川にのぞむ。 1834年交易地として建設された。現在はシカゴ大都市圏の住宅都市で,工業都市でもある。おもな工業には機械や金属,家具などの製造業がある。歴史協会博物館にはここで出土したマストドンの化石がある。人口 19万7899(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015 「オーロラ」の解説

オーロラ

正式社名「オーロラ株式会社」。英文社名「AURORA CO., Ltd」。製造業。明治29年(1896)創業。昭和22年(1947)「若林商事株式会社」設立。同26年(1951)「若林洋傘工業株式会社」に改称。同34年(1959)「若林株式会社」に改称。平成5年(1993)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区一番町。服飾品メーカー。洋傘・スカーフ製造の大手。中国に生産拠点を保有。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

デジタル大辞泉プラス 「オーロラ」の解説

オーロラ〔金魚〕

金魚の一種。埼玉県坂戸市の養魚家、川原やどるが江戸地金と朱文金の交配により作出した品種。体形は和金に近く、ひれが長い。尾は三つ尾または四つ尾。作出当初の名称は「平成1号」。

オーロラ〔石材〕

石材の名。インド産の御影石。赤と黒がオーロラのように波打つ石目が特徴。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android