コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエルウオ カエルウオIstiblennius enosimae

3件 の用語解説(カエルウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエルウオ
Istiblennius enosimae

スズキ目イソギンポ科の海水魚。全長 14cm。体は細長く,側扁し,吻は垂直。雌雄とも頭部背面に皮弁がある。体は黒褐色で,明色の雲状紋がある。沿岸岩礁帯の潮だまりにすみ,危急のときは全身ではねて逃げる。相模湾以南,朝鮮半島南部に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カエルウオ

イソギンポ科の魚。体長15cmに達する。体は細長く鱗がない。頭の正中線にある皮質突起が特徴。体色は黒っぽく,淡青色の網目模様の横帯がある。相模湾以南の岩礁性の海岸でふつうに見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カエルウオ
かえるうお / 蛙魚
mottled blenny
[学]Istiblennius enosimae

硬骨魚綱スズキ目イソギンポ科に属する海水魚。兵庫県以南の日本海、千葉県以南の太平洋から九州に分布する。体はやや側扁(そくへん)し、細長い。頭の前端はほとんど垂直で、目はその上縁にあり、昆虫のトノサマバッタのようにみえる。頭頂には大きいとさか状の皮弁がある。雌雄で色斑に差はない。
 岩礁域の潮だまりにすみ、岩の表面に付着している微細な藻類を食べる。驚くと水中の岩の間に隠れるが、ときには岩の上に出て、胸びれと尾びれを使ってカエルのように跳びはねて、別の潮だまりに逃げ込む。夏に石の下に卵を産み、雄はこれを保護する。全長15センチメートル余りになる。食用としての価値はない。日本の沿岸には70種近くが知られているが、ほとんどは南日本の岩礁域やサンゴ礁にすむ。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カエルウオの関連情報