コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カガミガイ Phacosoma japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カガミガイ
Phacosoma japonicum

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。長 7cm,殻高 6.5cm,殻幅 3.5cm。殻は円形,白色で厚質堅固,両殻は多少ふくらむ。殻表の成長脈は明らかである。殻頂の前の小月面は小さいが明らかで,うしろの楯面は細長くて上が平らである。内面も白色で,外套線は彎入する。北海道南部から九州の浅海の細砂底にすむ。食用。カガミガイ (鏡貝) のほか,殻の色や形からシロガイ (白貝) ,モチガイ (餅貝) の別名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カガミガイ
かがみがい / 鏡貝
disc clam
[学]Dosinorbis japonicus

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。殻が白いのでシラガイ(白貝)、モチガイ(餅貝)の地方名があり、天橋立(あまのはしだて)付近ではモンジュガイ(文珠貝)ともいう。北海道南部から本州、四国、九州、さらに朝鮮半島にも分布し、潮間帯から水深20メートルぐらいの細砂底にすむ。殻高、殻長とも60ミリメートルぐらいで、殻幅は28ミリメートル。ほとんど円形で、殻頂は前方に傾く。殻表には細密な成長脈があって、殻の前後では粗くなり、とくに後背では多少棘(とげ)状に立つ。殻内も白く、外套(がいとう)湾入は深い。食用にされる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カガミガイの関連キーワード犢橋貝塚貝製品

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android