カサマ制度(読み)カサマせいど(英語表記)Kasamahan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサマ制度
カサマせいど
Kasamahan

カサマとはフィリピンタガログ語で共同経営を意味する語。地主小作人が生産費を共同で負担し,その負担に応じて生産物を山分けする制度で,日本の刈分け小作制にあたる。フィリピンでは 18世紀末以後,輸出用商業作物の栽培が奨励されると,所有者の明文化されていない土地の獲得競争が全土に起った。従来からの耕作者は土地を失い,新地主 (有産・知識階層) の小作人となって,収穫物折半 (地主が水牛を提供する場合は地主の取り分が3分の2) などの不利な契約を結んだ。返済不能の負債は彼らを従属関係に陥れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カサマせいど【カサマ制度】

フィリピンの主として米作にふつうにみられた小作形態。分益ないし刈分小作形態の一種である。カサマkasamaとはフィリピン語で〈仲間〉〈相棒〉を意味する。小作料はふつう籾で一定の率で地主に支払われるが,その率は経営費用の分担のあり方によって変化した。たとえば,地主が土地と種子を,小作人が役畜と労働を提供し,田植と収穫費用を両者で折半で分担した場合には,収穫物は地主・小作間で半々に分けられ,これが最も一般的な形態であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android